Start@Max〜3ds Max で 3DCG をはじめよう〜

14. UVとテクスチャ UV展開に便利なツール

UV展開の便利な機能を数種類ピックアップし、ケーススタディでご紹介します。



こんにちは。
このビデオでは、前回に引き続き、UV展開の便利な機能をケーススタディでご紹介します。

前回ざっくりとキャラクターの頭のUVを展開しましたので、ここからさらにテクスチャーを書きやすいように編集をしていきます。

顔のモデルは左右対称で作ったのでUVも左右対称にしたいと思いますが、
シンメトリー化の作業は最後の工程で行うので、まずは右側半分を編集していきます。

後頭部や頭頂部は髪の毛に隠れる部分なのでUVを狭くして、顔部分のUVを広く取りたいと思います。
動かしたいUVを選択し、フリーフォームツールを使うと、選択部分を格子状にコントロールできますが、これでは細かい調整が大変なので別の方法を使用してみましょう。
前回、クイックピールを使って簡単にUVを展開しましたが、ピールモードでは、もう少し細かい編集をすることもできます。
ピールモード起動しますと、青いピンが表示されます。
デフォルトでは、つかんだ部分の頂点に自動でピンが追加され、ドラッグして動かすことで大きくUVを動かすことができます。
ピンが刺さっている場所は動きません。今のままでは、後頭部以外の、動かしたくない部分の頂点まで動いてしまい調整しづらいので、左側の頂点をすべて選択して、[選択をピン止め]でピンを追加します。
この状態で、動かしたい部分の頂点をつかんで動かしていきます。
いらないピンができてしまった場合は、ピンを選択して[選択をピン止め解除]を押すとピンが解除できます。
ピールモードのボタンをもう一度押すことで、ピールモードを終了することができます。

ピールモードで大体の調整が終わりました。
次に、瞼のUVも広くしたいので目を閉じた形にしていきます。
ブラシの[UVペイントの移動]を使うと、このようにブラシを使ってUVを動かすことができます。
Ctrlキーを押しながらドラッグでフォールオフの変更、Shiftキーを押しながらドラッグで強度を変更できます。ブラシを使って、瞼を閉じた形を作っていきましょう。
また、Altキーを押しながらブラシを使うと、ゆがんだUVをきれいにする「リラックス」をすることもできます。
動かしたくないUVは、選択してからCtrlキーとFキーを押してフリーズをしておくとツールの影響を受けません。フリーズを解除するには、CtrlキーとShiftキーをFキーを押します。

[要素を形成]タブにある「リラックスツール」を使えば、選択しているUVだけをリラックスできます。


ピールモードや、ブラシなどを使い、顔の右側の編集が終わりましたので、シンメトリなUVにしていきたいと思います。
シンメトリなUVを作るためには、中央のUVがちょうど真ん中に来ている必要があります。中央のエッジを選び、左下のアイコンを押すと、
選択しているエッジの座標が表示されます。Uの値が0.5に来ているとちょうど真ん中なので、ずれてしまっている場合は0.5に修正しておきます。

ポリゴンを編集モディファイヤで顔の左側のメッシュを削除し、シンメトリモディファイヤを入れ直しましょう。
その上にUVWアンラップモディファイヤを追加します。
モデルの方で顔の左側をダブルクリックすれば、左側のUVだけ選択することができます。
UVエディタで、選択しているUVを水平にミラーします。つぎに、右下の[スナップ切り替え]ボタンを押すか、Sキーを押してスナップを有効にします。
頂点選択モードで、境界の頂点をつかんで右側のUVにスナップしますと、シンメトリなUVを作ることができました。
中央の切れ目を結合したい場合は、切れ目のUVをすべて選択してから、[連結]の[選択サブオブジェクトを連結]を押せば、切れ目をなくすことができます。

UV展開に便利な機能についての説明は以上になります。

データダウンロード

※シーンデータの作成は「3ds Max 2021」と「3ds Max 2022」を使用しています。
「1. 基本操作 インターフェース概要」から「15. 番外編 スペースワープオブジェクトとワールド空間モディファイヤ」までは3ds Max 2021で作成しています。
「16. リギング Bipedの作成」からは3ds Max 2022で作成しています。

ご利用上の注意
・Maxシーンデータをはじめとする全てのデータ及びキャラクターは著作物であり、著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。
・ダウンロードしたデータは学習用として個人で使用することができます。
・各種ネットワークやメディアを用いてデータ(改変前及び改変後)を2次配布することは、営利目的、個人使用に関わらず禁止いたします。
・非営利目的の場合に限り、本データ(改変前及び改変後)を使用した制作物(静止画、動画等)を各種ネットワークやメディアを通して公開することができます。
免責事項
本データを使用した結果、損害や不利益等が発生した場合、当社は一切責任を負えませんので予めご了承ください。
あくまで自己責任においての使用をお願いいたします。
株式会社ジェットスタジオ
https://jetstudio.jp/

Contents By

株式会社ジェットスタジオ

監修:株式会社ジェットスタジオ 赤崎弘幸
制作:株式会社ジェットスタジオ 稲葉麻友・小原孝介

ジェットスタジオは2001年にスタートしたCGプロダクションです。設立以来、ゲーム、パチンコ、映画、CM等で使用される様々な3DCGコンテンツを時代に先駆けた新しい技術や表現方法を使って開発しています。2011年にはベトナムのホーチミン市に「JET STUDIO VIETNAM」を、2018年にはロサンゼルスに「JET STUDIO U.S.A.」を設立し、グローバル × クリエイティブという新たなビジネスモデルに挑戦しています。
同社のダンジョンゲーム『AKAPAN NITE(アカパンナイト)』の制作でも3ds Maxが使用されています。
https://akapannite.com/

HP:http://jetstudio.jp/

  • 3ds Max
  • チュートリアル
  • マテリアル・シェーダー・UV
  • 学生・初心者
  • 操作
製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。