Start@Max〜3ds Max で 3DCG をはじめよう〜

2. 基本操作 ビューポートカメラの操作とビューポートシェーディング

シーン内を見渡すために必要なカメラの操作と、ビューポートのシェーディングについて解説します。



こんにちは。
このビデオではビューポートカメラの操作と、ビューポートシェーディングについてご紹介をします。

ビューポート上で、[Alt]キーを押しながらマウス中ボタンをドラッグすることで、ビューを回転するオービットができます。
マウス中ボタンドラッグでは、ビューを移動するトラック、
[Ctrl]キーと[Alt]キーを押しながらマウス中ボタンドラッグでドリーができます。
また、ドリーはマウスのホイールでも操作ができます。

[Alt]キーと[Shift]キーを押した状態でマウス中ボタンドラッグしますと、軸を固定した状態でオービットできます。
同様に[Shift]キーとマウス中ボタンドラッグで軸を固定した状態でのトラックができます。

[Ctrl]キーと[W]キーを押しますと、範囲を指定した部分にドリーするモードに切り替えることができます。

選択したオブジェクトに画面をフィットさせたい場合は、オブジェクトを選択した状態で[z]キーを押します。するとこのようにフィットできます。
何も選択していない状態で[z]キーを押すと、シーン上のオブジェクトすべてにフィットされます。

選択したオブジェクトのみを表示したい場合は、
オブジェクトを選択した状態でビューポートの下にある選択を分離ボタンを押すか、[Alt]キーと[Q]キーを押します。
このように選択したオブジェクトだけが表示されていることがわかります。
元に戻したい場合は、もう一度選択を分離ボタンを押すか、CtrlとAltとQキーを同時に押すことでも解除できます。

続いて、ビューポートのラベルメニューについての説明です。
ここにはビューポートに関するメニューが並んでいます。
カメラの選択や、グリッドの表示非表示、シェーディングの切り替えなどの操作を行うことができます。

試しにカメラを変更してみます。今ビューポートにはパースビューが表示されていますが、こちらを変更してみます。
パースと表示されている箇所をクリックすると、メニューが表示されます。
このメニューからトップ、フロント、レフト、などを選びますと、このようにそれぞれにビューに切り替えることができます。
シーンにカメラがある場合は、カメラメニューからそのカメラのビューに切り替えることもできます。

また、これらのカメラ切り替えにはショートカットキーも割り当てられています。
[T]キーでトップ ビュー、[F]キーでフロント ビュー、[L]キーでレフト ビュー、[P]キーでパース ビュー、
[U]キーで正投影ビュー、[C]キーでカメラの一覧が表示され、カメラの名前をクリックしてOKを押すことでカメラビューに切り替えることができます。

[Alt]キーと[W]キーを一度押すとこのように4分割のレイアウトへ切り替えることができます。
表示したいビューの上で再び[Alt]キーと[W]キーを押すことでその画面を最大化して表示できます。
また、ビューのレイアウトは左下にある[ビューポートレイアウト]ボタンから変更することも可能です。

オブジェクトのシェーディングの切り替えは、こちらのシェーディングメニューにまとまっています。
ワイヤーフレーム、エッジ面表示、バウンディングボックス表示など、さまざまなシェーディングに切り替えることができます。
ワイヤーフレーム表示は[F3]キー、エッジ面表示は[F4]キーを押すことでも切り替えることができます。

ビューポートカメラの操作とビューポートシェーディングについての説明は以上になります。

Contents By

株式会社ジェットスタジオ

監修:株式会社ジェットスタジオ 赤崎弘幸
制作:株式会社ジェットスタジオ 稲葉麻友・小原孝介

ジェットスタジオは2001年にスタートしたCGプロダクションです。設立以来、ゲーム、パチンコ、映画、CM等で使用される様々な3DCGコンテンツを時代に先駆けた新しい技術や表現方法を使って開発しています。2011年にはベトナムのホーチミン市に「JET STUDIO VIETNAM」を、2018年にはロサンゼルスに「JET STUDIO U.S.A.」を設立し、グローバル × クリエイティブという新たなビジネスモデルに挑戦しています。
同社のダンジョンゲーム『AKAPAN NITE(アカパンナイト)』の制作でも3ds Maxが使用されています。
https://akapannite.com/

HP:http://jetstudio.jp/

  • 3ds Max
  • UI・ビューポート
  • チュートリアル
  • 学生・初心者
  • 操作
製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。