Start@Max〜3ds Max で 3DCG をはじめよう〜

3. 基本操作 クアッドメニューとUIのカスタマイズ方法

クアッドメニューを使用して、あらゆるコマンドに素早くアクセスすることができます。UIは自由にカスタマイズすることも可能です。



このビデオではクアッドメニューとUIのカスタマイズ方法についてご紹介します。

ビューポートの上で右クリックをすると、マウス カーソルの位置にこのようなクアッド メニューが表示されます。
クアッド メニューを使用すると、ビューポートとメイン ツールバー、コマンド パネル などの機能に素早くアクセスすることができます。

[Shift]キー、[Ctrl]キー、[Alt] キーを組み合わせて右クリックをしますと、また別の種類のクアッド メニューが使用可能になります。
例えば、[Shift]キーと右クリックではスナップ オプション、[Ctrl]キーと右クリックでは、標準のプリミティブなどの作成メニューを開くことができます。

クアッドメニューを閉じるには、もう一度右クリックを押すか、何もない場所で左クリックをします。

クアッド メニューの内容は、現在選択中のオブジェクトで使用可能なコマンドだけを表示するように設定されています。そのため、何が選択されているかによって表示されるコマンドが異なります。
今回は、ポリゴンオブジェクトを選択した場合をご紹介します。

[Ctrl]キーを押しながら右クリックを押すと、標準のプリミティブなどを作成するクアッドメニューを開くことができます。
ここでは、球体を作成してみます。ビューポート上の作成したい位置でドラッグをすることで球体が作成できます。
作成した球体の上で[Ctrl]キーと右クリックをして、変換、編集可能なポリゴンの状態にしましょう。

オブジェクトを選択して右クリックし、ポリゴンのクアッドメニューを開きます。
こちらで選択対象をオブジェクトモードから頂点やエッジ、ポリゴンなどのサブオブジェクトレベルに切り替えることができます。
ポリゴンを選択し、[Ctrl]キーと右クリックをすると、先ほどとは異なりポリゴンの押し出しやベベルといったモデリングに関するクアッドメニューが出てきます。

試しにポリゴンを押し出してみます。
このように、クアッドメニューを使用することで様々なメニューに素早くアクセスすることができますので、慣れればスピーディに操作できるようになります。

次に、UIのカスタマイズについてご紹介します。
[カスタマイズ]メニュー から[ユーザ インタフェースをカスタマイズ] を押すことでUIのカスタマイズメニューを開くことができます。

ここでは、ツールバーのカスタムをしてみます。
右にある [新規]ボタンを押すと新しくツールバーを登録できるボックスが表示されます。
好きな名前を入力してOKを押すと、このように、新しいツールバーが作成されます。
作成したツールバーは好きな場所にドッキングすることが可能です。

試しに、円柱を作成するボタンを登録してみましょう。
左の「カテゴリ」からObject Primitivesを選び、その中から円柱を探します。
円柱を先ほど作成したツールバーにドラッグすると、ボタンが登録できます。これで、ツールバーから円柱が作成できるようになりました。

また、クアッドメニューもこちらでカスタマイズ可能です。

クアッドメニューとUIのカスタマイズ方法についての説明は以上になります。

Contents By

株式会社ジェットスタジオ

監修:株式会社ジェットスタジオ 赤崎弘幸
制作:株式会社ジェットスタジオ 稲葉麻友・小原孝介

ジェットスタジオは2001年にスタートしたCGプロダクションです。設立以来、ゲーム、パチンコ、映画、CM等で使用される様々な3DCGコンテンツを時代に先駆けた新しい技術や表現方法を使って開発しています。2011年にはベトナムのホーチミン市に「JET STUDIO VIETNAM」を、2018年にはロサンゼルスに「JET STUDIO U.S.A.」を設立し、グローバル × クリエイティブという新たなビジネスモデルに挑戦しています。
同社のダンジョンゲーム『AKAPAN NITE(アカパンナイト)』の制作でも3ds Maxが使用されています。
https://akapannite.com/

HP:http://jetstudio.jp/

  • 3ds Max
  • UI・ビューポート
  • チュートリアル
  • 学生・初心者
  • 操作
製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。