Start@Max〜3ds Max で 3DCG をはじめよう〜

1. 基本操作 インターフェース概要

Autodesk 3ds Maxの主なインタフェースについて解説しています。



こんにちは。
このビデオでは3ds Maxのインターフェースについてご紹介します。

画面の一番上にはメニューバーがあります。ここには、シーンの保存や、編集、ツールなどの、様々なメニューがまとまっています。

メニューバーの下には、様々なアイコンが並んでいるメインツールバーがあります。メインツールバーでは、よく使用するツールにすばやくアクセスすることができます。

例えば、リンクに関するボタン、選択ツールの切替のボタン、レンダリングに関するボタンなどが並んでいます。

メインツールバーの下には、リボンというUIがあります。

[モデリング]、[フリーフォーム]、[選択]、[オブジェクト ペイント]をこれらをまとめてグラファイトモデリングツールと呼びますが、
ここには、モデリングに関するより強力な機能が備わっています。

[Populate]には群集アニメーション システムに関する機能がまとまっています。

画面の左側には、シーンエクスプローラというUIがあります。ここには、シーン内にあるすべてのオブジェクトが一覧表示されています。
階層構造での表示とレイヤ別の表示方法を、切り替えられます。

画面の左下には、ビューポート レイアウトタブがあります。ここでは、ビューポートを、様々なレイアウトに素早く、切り替えることができます。

画面の右側には、コマンド パネルがあります。コマンドパネルには6種類のパネルがあります。一つずつ簡単にご紹介します。
まず一つ目の[作成]パネルには、ジオメトリ、カメラ、ライトなどのオブジェクトを作成するための、ボタンがあります。
二つ目の[修正]パネルには、モディファイヤをオブジェクトに適用したり、オブジェクトを編集するためのコントロールがあります。
三つ目は[階層]パネルです。ここでは、ピボット編集や、IKの設定、ロックなどができます。
四つ目の[モーション]パネルでは、アニメーションを制御する『アニメーション コントローラ』の設定などがあります。
五つ目の[表示]パネルには、オブジェクトの表示、非表示を切り替えるコントロールなどがあります。
最後に、[ユーティリティ]パネルには、その他の便利機能がまとまっています。

続いて画面の下側を見てみます。

ここには、タイムスライダや再生、停止ボタンなど、アニメーションの作業をする際に使うUIがあります。時間設定ボタンを押すことで、アニメーションの詳細な設定を、変更することができます。

中央付近のステータスバーには、座標の表示に関する領域があります
ここには、選択しているオブジェクトの、位置や回転の座標が表示されます。
ツールバーから、移動、回転、スケールを切り替えると、それぞれに対応した座標が表示されていることがわかります。

また、F12キーを押すと、もう少し詳細なダイアログ ボックスを出すこともできます。

インターフェースについての説明は以上になります。

Contents By

株式会社ジェットスタジオ

監修:株式会社ジェットスタジオ 赤崎弘幸
制作:株式会社ジェットスタジオ 稲葉麻友・小原孝介

ジェットスタジオは2001年にスタートしたCGプロダクションです。設立以来、ゲーム、パチンコ、映画、CM等で使用される様々な3DCGコンテンツを時代に先駆けた新しい技術や表現方法を使って開発しています。2011年にはベトナムのホーチミン市に「JET STUDIO VIETNAM」を、2018年にはロサンゼルスに「JET STUDIO U.S.A.」を設立し、グローバル × クリエイティブという新たなビジネスモデルに挑戦しています。
同社のダンジョンゲーム『AKAPAN NITE(アカパンナイト)』の制作でも3ds Maxが使用されています。
https://akapannite.com/

HP:http://jetstudio.jp/

  • 3ds Max
  • UI・ビューポート
  • チュートリアル
  • 学生・初心者
  • 操作
製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。