Start@Maya〜Maya で 3DCG をはじめよう〜

26. 番外編 リファレンス

複数な Maya のシーンを扱う上で便利な機能「リファレンス」について解説します。



こんにちは。
このビデオでは、複数のMayaシーンを扱う上で便利な機能「リファレンス」について解説します。


リファレンスは、シーンに直接オブジェクトを読み込むことなく、別のシーンからデータを参照して使用できる機能です。
参照先のシーンには、参照元シーンのオブジェクトの実体は無いのでファイル容量を小さくすることができます。
また、参照元のデータを変更すると、参照先のデータも更新され、変更されます。

例えばキャラクターシーン1つに対し、複数のカットのアニメーションシーンがある場合、
リファレンスを使用して、各カットにキャラクターを読み込んでいれば、
キャラクターシーンの更新を全カットに自動で反映することができ、便利です。


では実際にリファレンスを作成してみましょう。

こちらのキャラアセットを新規シーンにリファレンスで読み込んでいきます。
メニューバーまたはホットボックスのファイルからリファレンスの作成を押します。
キャラアセットのシーンを選択し、リファレンスを押して実行します。
キャラクターがシーンに読み込まれました。

このキャラクターに簡単なポーズを付けてみます。
キーを打ったら、シーンを保存し、参照元のシーンを開きます。

試しに髪の毛のマテリアルカラーを変えてみます。
シーンを保存し、先ほどアニメーションをつけたシーンを再度開いてみると、
アニメーションはそのままに、キャラクターの髪の毛が更新されているのがわかると思います。


ただし、参照先のシーンでマテリアルなどを編集した場合、その変更内容が参照先のシーンに記録されるので、
参照元を変更しても影響をうけなくなるのでご注意ください。


メニューバーまたはホットボックスのファイルから「リファレンスエディタ」を開くと、シーン内のリファレンスを一覧で表示できます。
リファレンスの追加や削除、リロードやアンロードなどの管理もできます。


リファレンスについての簡単な説明は以上になります。

データダウンロード

動画内で使用しているキャラクターデータを配布いたします。皆様の学習の手助けとなれば幸いです。
※Mayaシーンデータの作成には「Maya 2020」を使用しております。

ご利用上の注意
・Mayaシーンデータをはじめとする全てのデータ及びキャラクターは著作物であり、著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。
・ダウンロードしたデータは学習用として個人で使用することができます。
・各種ネットワークやメディアを用いてデータ(改変前及び改変後)を2次配布することは、営利目的、個人使用に関わらず禁止いたします。
・非営利目的の場合に限り、本データ(改変前及び改変後)を使用した制作物(静止画、動画等)を各種ネットワークやメディアを通して公開することができます。
免責事項
本データを使用した結果、損害や不利益等が発生した場合、当社は一切責任を負えませんので予めご了承ください。
あくまで自己責任においての使用をお願いいたします。
株式会社ジェットスタジオ
https://jetstudio.jp/

Contents By

株式会社ジェットスタジオ

監修:株式会社ジェットスタジオ 赤崎弘幸
制作:株式会社ジェットスタジオ 小原孝介

ジェットスタジオは2001年にスタートしたCGプロダクションです。設立以来、ゲーム、パチンコ、映画、CM等で使用される様々な3DCGコンテンツを時代に先駆けた新しい技術や表現方法を使って開発しています。2011年にはベトナムのホーチミン市に「JET STUDIO VIETNAM」を、2018年にはロサンゼルスに「JET STUDIO U.S.A.」を設立し、グローバル × クリエイティブという新たなビジネスモデルに挑戦しています。

HP:http://jetstudio.jp/

  • Maya
  • アニメ
  • ゲーム
  • チュートリアル
  • 学生・初心者
  • 操作
  • 映画・TV
製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。