Start@Maya〜Maya で 3DCG をはじめよう〜

23. アニメーション キャラクターアニメーション

HumanIKを使用してキャラクターアニメーションを作成します。



こんにちは。
このビデオではHumanIKを使用してキャラクターアニメーションを作成します。


今回は歩きのアニメーションをつけながらHumanIKの機能をご紹介します。


最初にHumanIKウィンドウの「キャラクタ」がキャラに、「ソース」がコントロールリグになっていることを確認してください。

エフェクタはこちらの図の各パーツをクリックすることで選択できます。
何もないところをクリックで全選択ができます。

では歩きの「キーフレーム」を作成していきます。
フレームレートは30fps、タイムスライダは0から30フレームまでを表示しておきます。


まずは足を前後に広げていきましょう。
この時にこちらの操作モードがフルボディになっていると、パーツの動きに体全体がついてきます。

腕も同様に前後に広げます。指は力が抜けて自然に曲がっているようにしましょう。
指先のエフェクタを使えば一括で回転もできます。

腰の回転も変えていきましょう。
この時足のエフェクタは腰の動きについてきませんが、これは足にピンが打たれて、動きが固定されているためです。
手にもピンを打てば、腰を動かしてもその場で固定されます。
ピン機能は、テーブルに手を置く時など、エフェクタをその場から動かしたくないときに便利です。
ピンは移動と回転それぞれに打つことができます。

また、こちらのピンの一時解除機能を使うと、ピンが打たれている状態でもHipを動かせば体全体を動かすことができます。


Hipの回転で上半身が傾いてしまったので、バランスをとるめにChestOriginを反対側に回転させます。
ただ、このままだとHipも一緒に回転してしまうので、操作モードをフルボディからボディパーツに変更します。
ボディパーツモードの時は手や足を動かしても体は動きません。

調整をして、ポーズが決まったら、コントロールリグを全選択してキーを打ち、フレームを移動して反対方向のポーズをつけていきます。

反対側もできたので最初のフレームに移動し、タイムスライダ上で右クリックして、キーをコピーして最後のフレームにペーストします。

再生してみると、まだ歩いているようには見えませんが1ループのアニメーションにはなりました。
横から見てみると、手は弧を描くように動いているのに対して、足は直線上をすべるように動いているのがわかるかと思います。
これはHumanIKコントロール内のIKブレンドの設定によるものです。

IKブレンドではキーフレーム間をIK、FKのどちらの計算方法で補間するかの割合を決めることができます。

IKブレンドが入っていない場合、補間はFKで計算され、弧を描くように移動します。
IKブレンドが100%の場合は、補間はIKで計算され、直線的に移動します。
特に足は歩く際にIKブレンドが入っていることで、地面に埋まるのを防ぐことができます。

IKブレンドが入っているエフェクタは緑色に表示されます。
Hipと足にはデフォルトでIKブレンドが入っています。


中間のフレームにもキーを打ち、歩きのアニメーションが完成しました。


HumanIKのキャラクターアニメーションについての簡単な説明は以上になります。

データダウンロード

動画内で使用しているキャラクターデータを配布いたします。皆様の学習の手助けとなれば幸いです。
※Mayaシーンデータの作成には「Maya 2020」を使用しております。

ご利用上の注意
・Mayaシーンデータをはじめとする全てのデータ及びキャラクターは著作物であり、著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。
・ダウンロードしたデータは学習用として個人で使用することができます。
・各種ネットワークやメディアを用いてデータ(改変前及び改変後)を2次配布することは、営利目的、個人使用に関わらず禁止いたします。
・非営利目的の場合に限り、本データ(改変前及び改変後)を使用した制作物(静止画、動画等)を各種ネットワークやメディアを通して公開することができます。
免責事項
本データを使用した結果、損害や不利益等が発生した場合、当社は一切責任を負えませんので予めご了承ください。
あくまで自己責任においての使用をお願いいたします。
株式会社ジェットスタジオ
https://jetstudio.jp/

Contents By

株式会社ジェットスタジオ

監修:株式会社ジェットスタジオ 赤崎弘幸
制作:株式会社ジェットスタジオ 小原孝介

ジェットスタジオは2001年にスタートしたCGプロダクションです。設立以来、ゲーム、パチンコ、映画、CM等で使用される様々な3DCGコンテンツを時代に先駆けた新しい技術や表現方法を使って開発しています。2011年にはベトナムのホーチミン市に「JET STUDIO VIETNAM」を、2018年にはロサンゼルスに「JET STUDIO U.S.A.」を設立し、グローバル × クリエイティブという新たなビジネスモデルに挑戦しています。

HP:http://jetstudio.jp/

  • Maya
  • アニメ
  • アニメーション
  • キャラクター・リグ
  • ゲーム
  • チュートリアル
  • 学生・初心者
  • 操作
  • 映画・TV
製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。