Start@Maya〜Maya で 3DCG をはじめよう〜

3. 基本操作 ホットボックスとマーキングメニュー

ホットボックスやマーキングメニューを使用して、あらゆるメニューやアクションに素早くアクセスすることができます。



こんにちは。
このビデオではホットボックスとマーキングメニューについてご紹介します。

スペースキーを長押しするとホットボックスが現れます。こちらにある項目は画面上部のメニューバーと同じもので、こちらのメニューセットを切り替えなくてもすべてのメニューに素早くアクセスすることができます。
スペースキーを押したままカーソルを上下左右にエリアに移動して、マウスの左ボタンを長押ししますと、さらにカスタマイズが可能なマーキングメニューが表示されます。

また中央の「Maya」の部分でマウスの左ボタンを長押しするとカメラビューの切り替えできます。
このようにホットボックスを使用することで効率的に作業を行うことができます。


続いてマーキングメニューの説明です。
選択の有無や選択しているものにより出てくるメニューが変わりますが、今回はポリゴンを選択した場合をご説明します。

ホットボックスからトーラスを作成してみます。
オブジェクトを選択した状態でマウスの右ボタンを長押ししますとマーキングメニューが現れます。
こちらで選択対象をオブジェクトモードから頂点に切り替えたり、エッジや、フェースなどのコンポーネントモードに切り替えることができます。

フェースを選択した状態で[Ctrl]キーとマウスの右ボタンを長押ししますと、先ほどとは違うマーキングメニューが現れます。こちらでは現在選択しているコンポーネントを、別のコンポーネントに変換することができます。例えば、現在選択しているフェースをエッジに変換したり、さらに今変換したエッジを頂点に変換することもできます。

今度は[Shift]とマウスの右ボタンを長押ししますと、フェースのベベルや押し出しといったモデリングに関するマーキングメニューが出てきます。試しに押し出してみましょう。
モデルの編集が終わったらオブジェクトモードに戻して、選択を解除しておきましょう。

さらに[Ctrl]キーと[Shift]キーを押しながらマウスの右ボタンを長押しすると別のマーキングメニューが現れます。
このメニューはこちらのトランスフォームツールに関係するのマーキングメニューで、シンメトリやソフト選択など、トランスフォームツールの設定を素早く変更できます。


このようにマウスの右ボタンと、[Ctrl]キー、[Shift]キーを組み合わせることで様々なメニューにアクセスすることができます。
また、メニューが表示されるのを待たずに素早く操作してもマーキングメニューは反応しますので、慣れればさらにスピーディに操作ができるようになります。


ホットボックスとマーキングメニューの説明は以上になります。

データダウンロード

動画内で使用しているキャラクターデータを配布いたします。皆様の学習の手助けとなれば幸いです。
※Mayaシーンデータの作成には「Maya 2020」を使用しております。

ご利用上の注意
・Mayaシーンデータをはじめとする全てのデータ及びキャラクターは著作物であり、著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。
・ダウンロードしたデータは学習用として個人で使用することができます。
・各種ネットワークやメディアを用いてデータ(改変前及び改変後)を2次配布することは、営利目的、個人使用に関わらず禁止いたします。
・非営利目的の場合に限り、本データ(改変前及び改変後)を使用した制作物(静止画、動画等)を各種ネットワークやメディアを通して公開することができます。
免責事項
本データを使用した結果、損害や不利益等が発生した場合、当社は一切責任を負えませんので予めご了承ください。
あくまで自己責任においての使用をお願いいたします。
株式会社ジェットスタジオ
https://jetstudio.jp/

Contents By

株式会社ジェットスタジオ

監修:株式会社ジェットスタジオ 赤崎弘幸
制作:株式会社ジェットスタジオ 小原孝介

ジェットスタジオは2001年にスタートしたCGプロダクションです。設立以来、ゲーム、パチンコ、映画、CM等で使用される様々な3DCGコンテンツを時代に先駆けた新しい技術や表現方法を使って開発しています。2011年にはベトナムのホーチミン市に「JET STUDIO VIETNAM」を、2018年にはロサンゼルスに「JET STUDIO U.S.A.」を設立し、グローバル × クリエイティブという新たなビジネスモデルに挑戦しています。

HP:http://jetstudio.jp/

  • Maya
  • アニメ
  • ゲーム
  • チュートリアル
  • 学生・初心者
  • 操作
  • 映画・TV
製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。