Maya, 3ds Max, Softimage 新バージョン 2012 発表セミナー

07. 日常的なワークフローの機能向上その2

Maya, 3ds Max, Softimage 新バージョン 2012 発表セミナー

>

Autodesk Softimage 2012 デモンストレーション

ICE 上でマテリアルアトリビュートをサポートしました。これによりマテリアル ID を ICE 上で制御しマテリアルを入れ替える等の処理が可能になります。またテクスチャエディタでピン機能がサポートされ、従来のリラックス機能に加え、 UV Unfold ベースのリラックスが使用できるようになるなど、 UV 編集の操作性が向上しています。
  • 中級者
M&E COLLECTION

*上記価格は年間契約の場合の1ヶ月あたりのオートデスク希望小売価格(税込)です。

製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。