Maya, 3ds Max, Softimage 新バージョン 2012 発表セミナー

03. レンダリングとパス合成ツール

Maya, 3ds Max, Softimage 新バージョン 2012 発表セミナー

>

Autodesk Maya 2012 デモンストレーション

レンダリングのノードに、「レンダーレイヤー」「レンダーパス」「レンダーターゲット」が新たに追加され、出力したパスをハイパーシェード内で合成することが可能になりました。ベクター ディスプレイスメントマップや OpenEXR バージョン1.7もサポートし、レンダリングした画像を合成コンポジットソフトに持っていくことなく、 Maya のハイパーシェード内で合成する、というフローを組むことが可能になります。
  • Maya
  • レンダリング
  • 中級者
製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。