Autodesk MotionBuilder 2012

Autodesk MotionBuilder 2012

Autodesk MotionBuilder 2012

2012 バージョンの新機能


立体視のサポート

新しいビューポート内の立体視ディスプレイとカメラリグを使用することにより、MotionBuilder 内で立体視コンテンツの作成や参照が可能になります。

カメラデータの交換が可能に

Autodesk® FBX® を介してAutodesk® Maya® 2012、Autodesk® Flame® 2012、Autodesk® Smoke® 2012 とカメラデータの交換を実現しました。

Autodesk® Entertainment Creation Suite との連携の強化

MotionBuilder 2012 と Maya 2012 または Autodesk® 3ds Max® 2012 との間に新しいワンステップ相互運用性が導入され、Autodesk Entertainment Creation Suite 製品を複数使用する場合のワークフローがよりシームレスになりました。

UIスキームの強化

MotionBuilder 2012 のUIスキームが強化され、一貫性がさらに向上しています。

Fカーブエディタ機能の追加

Autodesk Entertainment Creation Suite 2012 に含まれる各製品のFカーブエディタの優れた機能が追加され、機能と用語も統一されました。

Human IKとの一貫性の向上

インタフェースが強化され、ソルバが統一され、Autodesk® HumanIK® テクノロジーのワークフローの一貫性も向上したことにより、キャラクタの扱いがより簡単になりました。

ライブビデオの取り込み

モーションキャプチャシステムで得た貴重なリファレンスビデオを MotionBuilder に直接ストリーミングし、テイクごとにモーションキャプチャデータと同時に記録することが可能になりました。

テイクごとのオーディオ処理

テイクごとに個別のオーディオファイルを処理できるため、それぞれにオーディオが関連付けられた複数のアニメーションバリエーションをより簡単に取り扱いができます。

www.autodesk.co.jpで製品情報をご覧いただけます。