Autodesk MotionBuilder 2016

Autodesk MotionBuilder 2016

Autodesk MotionBuilder 2016

Autodesk® MotionBuilder® 2016 には、多くのユーザから寄せられた要望に基づいて、アーティスト、開発者、監督、撮影監督の日々の作業を改善する新しい機能強化が搭載されています。また、スタジオはこれらの機能強化により、ゲーム開発、ビジュアライゼーション、プリビズ、バーチャル シネマトグラフィー、長編映画の制作で使用するモーションキャプチャおよびその他のアニメーション データを、より効率的に操作、微調整できます。

主な新機能と特長

Story の機能強化

MotionBuilder 2016 では、Story ツールの操作性に関する強力な機能強化が行われているため、特に複数の Story クリップを処理する際のワークフローの効率が向上します。
新しい Clip Alignment オプションは、複数のクリップの位置を合わせる便利なオプションです。また、新しい Make All Clips Read-Only 機能を使用すると、Story トラックのすべての書き込み可能な Story クリップを読み取り専用クリップに変換でき、メモリを節約できます。
加えて、新しい Expanding Clips オプションでは、選択したクリップを前のクリップおよび/または次のクリップに拡張できます。
Make All Clips Read-Only オプションと併用することで、Story UI を離れることなくアニメーション ループを簡単に作成できます。

FCurve の機能強化

MotionBuilder 2016 では、FCurve 内で Frame Start/End や Frame Zoom Bar といった便利なフレーム機能にアクセスでき、FCurve ウィンドウでアニメーション フレームをすばやく表示するのに役立ちます。
加えて、FCurve エディタで最大 1,000,000 までの変換値を持つキーの表示および編集が可能になったため、複雑かつ最新の制作環境の規模に対応することができます。

FBX の 2GB のファイル サイズ制限の撤廃

MotionBuilder 2016 では、FBX の 2GB のファイル サイズ制限がなくなり、最大の柔軟性を提供すると同時に、大規模なシーンや埋め込みのメディア ファイルのオーサリングが可能になりました。

その他の機能と特長

Save および Save Selection の保存オプション

Save および Save Selection が個別のメモリ割り当てを持つようになり、それぞれの Save アクションのオプションを調整できるので、データの意図しない上書きを心配する必要がありません。

キー設定可能な Near/Far Plane

MotionBuilder 2016 では、カメラの Near/Far Plane でキー設定可能なプロパティを使用できるため、レンダリング範囲をダイナミックに調整したり、デプス バッファの精度によって生じるレンダリング アーティファクトを修正できます。

ポーズ サムネールの無効化

MotionBuilder 2016 ではファイルに含まれるポーズ サムネールを無効にできるため、ファイル サイズを最適化して効率を改善できます。

埋め込みメディアの無効化

MotionBuilder 2016 には、設定ファイルから埋め込みメディアを無効化する機能があり、不要な埋め込みメディアを除外できます。これにより、埋め込みのメディアを許可しないワークフローを 1 回の設定で指定できるので、何度も設定をし直す必要がなく、操作ミスを防ぐことができます。

www.autodesk.co.jpで製品情報をご覧いただけます。