『 AREA JAPANウェブサイト モニタリング 調査 』実施中アンケートにご協力いただいた方全員に、Amazonギフト券(500円分)をプレゼント!

チュートリアル / CG:コラムグーニーズ
第1回:SHOW BY ROCK!! THE ORIGIN -鼓動-

2015.04.06

  • Maya
  • アニメ
  • 学生・初心者
  • 映画・TV
SHOW BY ROCK!!

2015年4月5日、サンリオキャラクターとしては“初”となる深夜アニメ「SHOW BY ROCK!!」が放送開始となりました!

「SHOW BY ROCK!!」は、2013年にスマートフォン向けゲームアプリとしてリリースされ、多くの人々に広く愛されているコンテンツということもあり、多彩な音楽や愛すべきキャラクターたちの魅力をいかに映像化するのかを模索し、新感覚アニメーションとして、今までのアニメとは一線を画した2Dと3Dの融合スタイルに挑戦することとなりました。

この、コラムグーニーズの1st Seasonは、そんな「SHOW BY ROCK!!」の制作秘話を、アニメーションSV得丸とリギングSV小森で紹介することにします。どうぞよろしくお願いします。

「SHOW BY ROCK!!」を3DCG化するにあたっては、主人公のシアンのモデリングからスタートしました。ゲームアプリのキャラクターデザイン画や三面図を元にしながら、この作品の生みの親であるサンリオさんにキャラクターコンセプト等のチェックを受け、ディティールを付け加えていき、シアンのモデルが誕生します。そこからキャラクターが活き活きと動き出すためにどのようなアプローチが行われたのか、モデル調整から多様なセットアップを紹介していきます。

~魅力的なキャラクターのデザイン画を踏襲しつつ、より可愛らしさ、女の子っぽい体型、アニメーションとしての見栄えがいいこと、動かしやすさを付け加える~

SHOW BY ROCK!!

得丸アニメーションSV(以下、得丸)
最初に、リグが入っていないAポーズのモデルを動かしていくという視点でいろいろ検討していったんですけど、モデルの頭と体の比率の問題が生じたんです。まずは頭のスケールを小さくするというところから始まりました。ちょっとでもカメラが上にあがると、3Dだと体が見えなくなってしまって、頭ばかりが目につくようになってしまい…実際バランスを見ながら、徐々に小さくしていく作業をしたんです。元のデザインを踏襲しながら、イメージを壊さず動かしやすいサイズに近づけていって、『こんなバランスにしていきましょうか』と仕上げていきました。

小森リギングSV(以下、小森)
結果的にそれでもまだ大きすぎて、後でリグの方でも顔を小さくしたんですよね。リグを入れてから、テストモーションをつけてみたら、仕上げをしたはずの顔のサイズのままだと、とにかく顔だけに目がいっちゃって、体の演技が全くみえない事態が発生したんです。演奏しているシーンとか、一生懸命気を配ってつけている手足のアニメーションが全部顔にもっていかれてしまったという…最終的にリグでさらに2割程度小さくしてましたね。

得丸 いろんな意味で小顔にしてよかったなぁと思います。なにやってるかわからないですからね(笑)

小森 最初、20日間位かけて、アイディア出しをして検証していったものの、本編に入ってからも、スケールをリグのコントローラーの中に入れて調整していきました。

得丸 あとは、体のシルエットも調整をしていきましたね。マスコット的な印象になるよう「2.5頭身のフィギュア」をイメージして作り上げているモデルだったのですが、正面から見たときはサンリオさんのデザイン画に比較的近いつくりをしていたんです。
ただ、横から見た時の印象が違っていたんです。なんだか寸胴なイメージというか、四角いシルエットだったんです。この体型だと、腕が前とか後ろとかにいきづらくて、ロボットみたいな感じになってしまうこともあり、体のシェイプをデザイン画に近づけて、上に向かって細くなるようにお願いしました。最初はディズニーの「シュガーラッシュ」に出てくる女の子たちのような、足のシルエットが少し裾広がりになるようなイメージもアイディアとしてはあったんですけど、そこはキャラクターデザインにかかわってくるのでなくなりましたね。その後、小森さんが作っていた等身用のリグを今回のデフォルメキャラクター用にスケーリングしていったんです。

小森 もともと体型が違っても使えるようには作ってあったんですが。。。

得丸 多少の体格には合わせられるものだったんだけど、今回はデフォルメされていて極端に小さかったという、、、等身レベルでのサイズ調整ではなかったですよね。

小森 でも実はボディーのリグはほぼいじっていないんですよ。バグを直したくらいで。どちらかというとセカンダリのアクセサリ周りをどうするかという。。。最初の方針ではフィギュア系のデザインなので骨の数を少な目にしてあまり動かさないでいこうっていうコンセプトでスタートしたはずだったんですけどね。

得丸 実際映像をカメラの中で動かしたときに、やっぱり状況に応じて、「ここはオーラが出てる」とか、「ここは揺れていた方がいいね」とかはあとから出てきたので。。。その中でアクセサリとか含めて、どこを動かしていくのかというのを各キャラごとに決めていきました。

小森 ふたを開けたらご覧の通り、、、アニメーターさんが動きをつけた時に、わっさわっさ動かしたので、髪の毛もフィギュアをイメージしているから動かないっていう話だったはずが、ファイナル観たらふわっふわっと、、、めちゃめちゃなびいてましたね(苦笑)

SHOW BY ROCK!! SHOW BY ROCK!!

得丸 それでもシアンは控えめですよね。当初のコンセプトが守られている気がする。サンリオさんのキャラクターってほんわかしている癒し系のキャラクターなので、激しく動くって感じじゃないからね。マスコットとして可愛い感じは大切にしたかった。

小森 シュウ☆ゾーはスーパーアイドルですから髪の毛も贅沢に骨を入れました。タイトなスケジュールだったので、プライオリティを考慮しながら、一体一体のキャラに対して、どこを残そうか、追加コントローラーで何が必要かを詰めていきました。

得丸 初めて主人公のシアンのモデルを回転させて観させてもらったとき、アニメーターとして、すごくそれを動かしたくなる衝動に駆られたんです。フィギュア感、ちょっとプラスティックっぽい質感、仮のライティングではあったんですけど、すごく魅力的に感じて、サンリオさんのキャラクターのデザインのしっかりした魅力っていうものがそこにあったんだと思います。

----------------------------------------------

今回のコラムでは、「SHOW BY ROCK!!」の主人公シアンが動き出すまでをご紹介しました。次回は豊かな感情表現を実現するための、フェイシャルやラティスコントローラーについてご紹介いたします。

SHOW BY ROCK!!

©2012,2015 SANRIO CO.,LTD. SHOWBYROCK!!製作委員会
TVアニメ「SHOW BY ROCK!!」
アニメ公式サイト :http://showbyrock-anime.com/
アニメ公式Twitter:https://twitter.com/SB69A

CG制作:
STUDIO GOONEYS