チュートリアル / セルルックなキャラクターモデリング チュートリアル
第3回:詳細なモデリング・しわの作成

2021.08.25
  • 3ds Max
  • アニメ
  • コラム
  • チュートリアル
  • モデリング
  • 学生・初心者
  • 映画・TV

皆さんこんにちは。
亥と卯(いとう)と申します。

今回で詳細モデリングに入り、モデリング終了までの大体の流れを掴めると思います。
また、アニメ表現における大事なことや感じたことなどを最終回にまとめられればと思っています。

アニメの仕事では、キャラクターを3DCGで使用すると言っても、遠景でしか使わない場合、中距離程度で使う場合、フルCGのように近距離でも耐えうる精細さなどと、作品やカットによって求められるものが変わり、それに応じてどの程度精密に作るかという点や、工数などが変わってきます。
フルCG作品で使用するモデルはさまざまなシーンに対応出来るように数か月かけて作成されることもあると思います。

自主制作の作品

▼私の自主制作を例に挙げると、こちらのキャラクターモデルは1日5、6時間作業したとして1週間~2週間近くかかっています。

今回のモデルの作業時間はほぼ全て動画に収めているので、モデリング完了まで十数時間程しか要していませんが、私の普段の自主制作や実際の仕事では、ラフモデリングや詳細モデリングを本コラムよりももっと時間をかけてじっくりと調整しています。

実際の作業時間のほとんどは80%出来たモデルのクオリティの確認と修正の繰り返し、そしてどうすれば良いものになるかを考える時間がほとんどの時間を占めていると思います。

今回のコラムは出来るだけコンパクトに収めたいと思っていますが、最後までお付き合いいただけますと幸いです。

第3回 目次

・サブディビジョンサーフェス前提のモデリング
・髪の詳細モデリング
・衣服の詳細モデリング
・ラインのコントロール
・ライトの設定
・しわの作成
・解説動画
・第3回のまとめと次回の内容


製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。