トレンド&テクノロジー / AREAギャラリーアーティスト
第13回:Samiha Dhifaoui

2021.09.14
  • 3ds Max
  • コラム
  • 建築・製造・広告

今回の AREA 注目アーティストは、Samiha Dhifaoui氏です。
Samihaさんは、カタールのドーハを拠点に活動する、8年の経験を持つ3D建築ビジュアライザーです。彼女のワークフローは、3ds Max、V-Ray、Photoshop、そしてMarvelous Designerを組み合わせたものです。最近では、フリーランスのインテリアデザイナーや建築ビジュアライゼーションのインストラクターとして活躍しています。

Samiha Dhifaoui

あなたが「これを仕事にしたい」と思った瞬間は?

勤めていた建築会社を辞めた後のことです。インテリアの勉強をしていたにもかかわらず、自分のやりたいことがわからなくなってしまったのです。

そんなとき、ネットインフォというアートとテクノロジーの学校の校長に、3D業界の話をしたんです。そこで、ネットインフォのディレクターに3D業界について相談したところ、何でも話してくれて、3Dの仕事に興味を持つきっかけとなりました。その後、私はネットインフォに3Dジェネラリストとして通い、キャラクターデザインから環境アートまで、あらゆることを学びました。これが私のキャリアにおける素晴らしい旅の始まりでした。

Samiha DhifaouiによるKairouan Homes Maximalist Designにインスパイアされたアリュール

3D業界での最初の仕事は何でしたか?

3Dアートの学位を取得した翌日に、カサブランカの制作会社で仕事の依頼を受けました。当時22歳だった私は、冒険に飢えていたので、そのオファーを受けてモロッコに渡りました。そこでは、同僚やマネージャーから多くのことを学びました。モロッコの文化は非常にクリエイティブで、全体的に素晴らしい経験となりました。

インスピレーションの源は何ですか?

形、物、音、景色、匂い、生き物など、あらゆるものからインスピレーションを受けます。また、廃墟やヴィンテージの美学、錆のような使い古された質感にもインスピレーションを受けます。最終的には、私のレンダリングが完全にユニークなものになるような、自分の特徴的なスタイルを作ることが目標です。

Troglodyte - Matmata by Samiha Dhifaoui
Troglodyte - Matmata by Samiha Dhifaoui
Troglodyte - Matmata by Samiha Dhifaoui
Troglodyte - Matmata by Samiha Dhifaoui

これまでに手がけたプロジェクトの中で、最も誇りに思っているものは何ですか?

私が最も誇りに思っているプロジェクトは、チュニジアの通信省のために行ったプロジェクトです。大臣がイベント中に国民に向けて力強いメッセージを発信するというものでした。私たちは、大臣の演説をホログラム技術を使って映し出し、観客に未来からのメッセージを見ているような感覚を与えることにしましたが、大臣が舞台上に生で現れて皆を驚かせました。意欲的なプロジェクトでしたが、6人という少人数にもかかわらず、1カ月で完成させました。一番良かったのは、ライブイベントを見て、それがどれだけ注目されていたかを直接見ることができたことです。

これから3Dの仕事を始める女性にアドバイスをお願いします。

最初の失敗に絶望しないでください。この業界は忍耐が必要ですが、少しでも自分のキャリアに向かって努力している人は、すでに勝ち組です。

Living Room by Samiha Dhifaoui

次はどのようなプロジェクトに取り組んでいますか?

現在、私は夏を楽しんでいます。休暇、地中海、家族や友人と太陽を楽しむことが目的です。また、9月に行う予定の3D講演を2つ準備しています。


Samiha の作品をもっと見たいですか?

AREA ポートフォリオ
Behance
Instagram
LinkedIn


本社AREAのギャラリーでは、3ds Max、Maya、Maya LT、Mudboxなどのオートデスクのソフトウェアを使用したCGアーティストの最高の作品を展示しています。このコラムでは、その中の優秀な作品と作家を日本語にてご紹介します。あなたの作品もアップロードして、AREAコミュニティで共有しませんか?
*作品のアップロードには、Autodesk Accountが必要です。


製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。