脳神経外科医が 3D CG による可視化で切り開く未来の医療

脳神経外科医が 3D CG による可視化で切り開く未来の医療

2019.12.02

  • Maya
  • 建築・製造・広告

オートデスクのメディア「Redshift」に、東京大学医学部脳神経外科の金 太一助教のインタビュー記事が掲載されました。

建築や製造の世界では長い間、限られた数の 2 次元図面から対象物を 3 次元的に理解する、いわゆる「図面を読む」スキルが必須であるとされてきた。だが昨今は 3D モデルによる可視化が、まさに別次元の理解を提供するようになった。CT や MRI など、2 次元で提供される医用画像をもとに診断や手術が行われてきた医療の世界も、大きな変革の時を迎えている。

続きは Redshift にてご覧ください。
製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。