ノートを利用したサブタスク管理

例えば、スベンというキャラクターアセット制作でモデリングのタスクがあったとします。

img1.jpg

モデリングタスクの中身として3つの作業を行う必要があるとします。

低解像度モデル
高解像度モデル
UV展開

これらをタスクとして登録しても良いですが、ノートを利用することでサブタスク的な管理が行えます。


モデリングタスクの詳細ページから Design Page を選択します。

img2.jpg

+ New Tab のボタンから新規タブを追加して、名前をSub Tasks としてNotesのエンティティを指定します。

img3.jpg

Notesエンティティに存在する、Typeフィールドを右クリックから Configure Field を選択します。

img4.jpg

項目として Sub Task を追加して更新します。

img5.jpg

フィルター機能を利用して、TypeがSub Taskのノートだけがこのタブに表示されるようにします。
右上のSaveで保存を行いDesign Modeから抜けます。

img6.jpg

この Sub Task タブで+Noteからノートとしてサブタスクを登録します。(TypeがSub Taskであることを確認して下さい。)

img7.jpg

後は作業が終わったら単純にステータスをクローズするという方法で運用します。

必要に応じてノートに期日などのフィールドを追加したり、クローズされていないサブタスクのセルをハイライトするなどして使いやすくカスタマイズして利用して下さい。

img8.jpg

詳細ページから離れて、タスクのエンティティページに残サブタスクを表示しても良いでしょう。
次の条件でQueryフィールドをタスクエンティティに追加します。

img9.jpg

すると、このようにクローズされていな残サブタスクの数がタスクページで確認できます。

img10.jpg

製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。