Design Page 機能を利用したレポートの作成

Shotgun ではページを別名保存して自分好みのレポートを作成することが可能です。

Shotgun の良い所は別名保存した複製元と複製先のデータが正しく連動していることです。複製先でのステータス変更は、複製元にちゃんと反映されるのでデータの整合性が保たれます。

今回は、ショットやアセットの総数を表示するレポートページを作っていきます。

ショットのページ開いてカスタマイズして行きたいと思います。
ョットページを基準にして別ページとして保存します。

1.jpg

Name に名前を入力してCreate Page を実行します。 
2.jpg

これにより、異なるURLの新しいページが生成されました。
ページ名の右横の★マークをクリックすると、いつでもPagesのお気に入りからアクセス出来ます。

3.jpg

先ほどと同じ場所から今度は Design Page を選択します。

4.jpg

表示されたページの左側では以下の変更も行えます。

3_5.jpg

Share with: このページをどのプロジェクトのメンバーと共有するか指定できます。 No One を選択すると自分だけが閲覧出来るプライベートページになります。 

Who can see this page: どの Permission Group のユーザーに閲覧させるかを指定出来ます。

つづいて、 + New View という箇所をクリックします。
タブに対する名前をつけましょう。
View Type では Canvas を選択します。

5.jpg

続いて、左欄の View というタブをクリックします。
ここでは、パーツを埋め込むためのレイアウトを指定していきます。
必要に応じたコラム数と間隔を選択し、 Add Row ボタンで追加します。

6.jpg

こんな感じの配置にしてみました。

7.jpg

次に Widgets というタブをクリックします。
Graphウィジェットを掴んでドラッグ&ドロップで配置します。

8.jpg

今回は、Shot のステータスを表示させたいので、Shotを指定して Configure の文字をクリックします。

9.jpg

すると、特に何も変更しなくても Shotに関するステータスのグラフが表示されます。
必要に応じてカスタマイズを行なってください。
合計のショット数を表示するには Show Total にもチェックを入れておきましょう。

10.jpg

ウィジェットのプレビュー状況に問題がなければ、右上の Save ボタンで保存します。

11.jpg

Design Mode を抜けてページ自体を保存するにはもう一度右上の Save ボタンで保存する必要があります。

すると、このようにタブ切り替え型のオリジナルレポートページが作成できました。

12.jpg

Design Mode に戻って、その他のウィジェットの機能もお試しください。

製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。