Maya

膨大な実績を誇るハイエンドな3Dアニメーション ソフトウェア
Maya 2022.3

Maya 2022.3 リリース

Autodesk Maya 2022.3 がリリースされました。
Maya 2022.3 バージョンはオートデスクアカウントから取得してください。
Autodesk Account.

デフォーマの強化

ジグルデフォーマがGPUをサポートしました。またキャッシュプレイバックでもサポートされました。これらの改善により、デフォメーションのプレイバックによるパフォーマンスが向上します。

ソリッド化デフォーマの更新

モーフデフォーマにリターゲットオプションが追加されました。
各頂点の座標系のデルタに基づいて頂点単位でモーフ ディスプレイスメントをスケールすることにより、ソースジオメトリからターゲットジオメトリにアニメーションを転送します。下の例では、アニメーションは左のモデルから右のモデルに転送されます。この他モーフデフォーマにはジオメトリミラーリング機能が追加されました。

ソリッド化デフォーマの更新

注: ターゲットジオメトリとソースジオメトリのトポロジは同一である必要があります。

Bifrost 2.3.1.0

ArnoldとMtoA の新しいバージョンのサポートに加えて、このリリースのBifrostにはさまざまな機能強化が含まれています。
新しいノード アイコンは、ノードの機能を視覚的に理解するのに役立ちます。ジオメトリ クエリ、配列、変換、および時間のアイコンが含まれます。

Bifrost 2.3.1.0

また、多くのノードで値が表示されるようになり、グラフ内のノードでパラメータを直接読み取れるようになりました。これには、論理比較、配列、文字列、ランダム値、計算、プロパティ、フィールド、サンプリング、入力/出力、インフルエンス ノードなどのカテゴリのノードが含まれます

Bifrost 2.3.1.0

Arnold for Maya 5.0.0.1

MtoA 5.0.0.1 は Arnold 7.0.0.0 をサポートしています。
新しいデノイザーとして Intel Open Image Denoiser(OIDN)をサポートしました。

Arnold for Maya 5.0.0.1
Arnold for Maya 5.0.0.1

その他imager_tonemap の新しい LUT モード、ブライトネスとカラー カーブをコントロールする新しいイメージャなど、イメージャにさまざまな機能強化を追加されました。
CPUでの複数の並列レンダリング セッションの実行、シェーダ ノードの複数の出力の使用、複数の形式およびマルチパーツ EXR ファイルへの AOV の書き込みを実行できるようになりました。このリリースには、VRAM の使用量削減やマットのサポートなどのGPUの機能強化や、MayaでUSDの使用効率を高めるためのUSDサポートの改善も含まれています。

Substance プラグインの更新

新しいSubstanceエンジン、Arnold のサポート、改良されたユーザ インタフェースを備えた Substance 2.2.1 を利用できます。

Substance 2.2.1には最新のSubstance Engine 8.3.0が含まれています。このエンジンは Substance 3D Designer、Substance 3D Asset、Substance 3D Sampler をサポートし、複数バージョンのArnoldを使用してシーンを直接レンダリングする機能のほかに、レンダラーのワークフローを管理および編集できる改良されたユーザ インタフェースを備えています。

詳細についてはMaya 2022.3 Update の新機能ページをご覧ください。

その他 Maya 2022.3 で修正された項目並びに既知の問題は、 Maya 2022.3 リリースノートでご覧いただけます。

M&E COLLECTION

*上記価格は年間契約の場合の1ヶ月あたりのオートデスク希望小売価格(税込)です。

製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。