Maya

膨大な実績を誇るハイエンドな3Dアニメーション ソフトウェア
Maya 2022.1

Maya 2022.1 リリース

Mayaオンボーディングエクスペリエンス

Mayaは、新しいスタートアップウィンドウ、インタラクティブチュートリアル、および包括的な機能により、これまでになくアクセスし易くなりました。初めてのユーザーは、インタラクティブなMayaのチュートリアルシーンデータで使用方法を学ぶことができます。新しい検索機能では、ツールコマンド、シーンオブジェクトなど探しているものを素早く見つけることができます。

フレンドリーなスタートアップウィンドウ

フレンドリーなスタートアップウィンドウ

パーソナライズされたスタートアップエクスペリエンスにより、Mayaを初めて使うユーザーでも容易にアクセスすることができます。
新しいスタートアップウィンドウでは、新しいプロジェクトの開始、既存のプロジェクトへのアクセス、学習コンテンツやコミュニティを見つけることができます。その他、インタラクティブなチュートリアルとクイックツアーによりMaya UIの基本的なツールに触れながら学習することができます。
熟練のMayaユーザーは、このスタートアップウィンドウの表示をキャンセルすることができます。

インタラクティブチュートリアル

インタラクティブチュートリアル

初めてMayaに触れるユーザーは、新しいゲーム化されたインタラクティブなチュートリアルでMayaの基本操作を学ぶことができます。
仮想インストラクターのMayabotがガイドするチュートリアルはMayaにシーンデータとしてロードされ、シーンのナビゲート、オブジェクトの移動、回転、スケーリングなど、ユーザーインターフェースの基本を理解するのに役立ちます。モデリング、アニメーション、ライティング、シェーディングの入門チュートリアルもAREAからダウンロードして利用できます。
熟練のMayaユーザーはこのフレームワークを利用して、独自にカスタマイズしたインタラクティブシーンを作成することもできます。

Mayaクイックツアー

Mayaクイックツアー

クイックツアーは初めてMayaに触れるユーザーに、Mayaの基本的なユーザーインターフェースをウォークスルーで紹介します。
各ステップには、より詳細なドキュメントへのリンクが含まれています。必要に応じて各機能をさらに詳しく説明します。

クイックな検索機能

クイックな検索機能

新しい検索機能は、テキストフィールドに文字列を入力し、ツール、コマンド、シーンオブジェクトを簡単に見つけることができるため、素早く目的の項目へアクセスできます。ユーザーはホットキー「Ctrl + F」を使用してこの機能にアクセスすることができますオブジェクトの選択やコマンドを実行するPython/MELの入力にも対応しています。検索エンジンは入力キーワード補間しながら関連する結果を表示します。アーティストは独自のキーワードをツールに追加して、コマンドによるワークフローのカスタマイズが容易になります。

Maya 2022.1はオートデスクアカウントから取得してください。
Autodesk Account.

詳細についてはMaya 2022.1 Update の新機能ページをご覧ください。

その他 Maya 2022.1 で修正された項目並びに既知の問題は、 Maya 2022.1 リリースノートでご覧いただけます。

M&E COLLECTION

*上記価格は年間契約の場合の1ヶ月あたりのオートデスク希望小売価格(税込)です。

製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。