トレンド&テクノロジー / AREAギャラリーアーティスト
第2回:Michael Khoo

2020.10.14

  • 3ds Max
  • コラム
  • 建築・製造・広告

今回の AREA 注目アーティストは、Michael Khoo 氏です! これまで表立ってお話しする機会はありませんでしたが、私たちはずっと前からポスト終末論的なイメージとサイバーパンクを融合させた彼のデザイン ビジュアライゼーションに心を奪われていました。以下のインタビューでは、彼自身と作品についてお話を伺います。

Bertil Svanekiaer 3D アーティスト

こんにちは。私は 3D ビジュアライザーの Michael Khoo です。メルボルンを拠点とする建築設計スタジオ、Cera Stribley で働いています。
レンダリングは私の本職であり、大好きな趣味でもあります。余暇の時間には、たいてい SF をテーマに独自の作品を作っています。

3D 業界に入ったきっかけは?

私は幼い頃からアクション コミックや SF 映画が大好きで、時間ができるとお気に入りのキャラクターをスケッチしていました。スケッチはあまり得意ではありませんが、そこがスタート地点だったと確信しています。

高校卒業後、両親を交えて何度も進路相談を重ねた結果、大学で建築デザインの勉強を始めることになりました。デザインの勉強は私の第一希望ではなかったものの、提示された他の選択肢よりはずっとましでした。

それ以来、3D および CAD ソフトウェアは私の生活の糧となっています。

Michael Khoo 氏が 3ds Max で作成した Die Hard の 3D レンダリング

3D 業界での初めての仕事は?

大学卒業後、メルボルンの Plus Architecture での仕事を紹介してもらい、社内ビジュアライザーとして働くことになりました。グラデュエイト・アーキテクトとして働き始め、最終的には建築ビジュアライザーになりましたが、今後もこの業界でやっていくかどうかはまだ決めかねていました。

役職が変わったとき、前の上司の Ian はとても親身になって私をサポートしてくれました。おかしな話ですが、私の迷いは 1 ヵ月ほどで消え、一人前の 3D ビジュアライザーになろうと決意したのです。

Michael Khoo 氏が 3ds Max で作成した建築ビジュアライゼーションのレンダリング

作品のインスピレーションはどこから得ていますか?

勉強していた頃は、大好きな SF がインスピレーションの源でした。
新文明/サイバーパンクのジャンルにもあこがれているので(「トロン」や「ブレードランナー」など)、それも作品に採り入れています。

仕事で気に入っているところは?

デザインに生命や個性を吹き込めるところです。魅力的なデザインを作れば、それを見た人がワクワクした顔を見せてくれたり、仕事を褒めてくれるので本当にやりがいがあります。これはどんな仕事にも当てはまることだと思いますが、建築ビジュアライゼーション アーティストは短い期間でプロジェクトをこなしていくので、いつも自分の仕事が注目され、褒められているような気分になります(優れたデザインを作り続けていればですが)。

Michael Khoo 氏が 3ds Max で作成した Better Late Than Never のレンダリング

仕事で一番苦手なことは?

ディテールのモデリングと UV テクスチャ マッピングは好きではありません。私の仕事でこれらを行うことはほとんどありませんが、やらなくてはいけないときはイライラしてしまいます。

作品のインスピレーションは誰から得ていますか?

一目置いている建築ビジュアライゼーション スタジオがいくつかり、そこから日々インスピレーションを得ていますが(MIR や Beauty And The Bit)、私の制作意欲が最もかき立てられるのは Arqui9 Visualization の Pedro Fernandes 氏です。

Pedro のスキルは途方もなく高く、ほぼどんな建物でも独特の空気感をまとったアート作品に変えてしまいます。彼の YouTube チュートリアルは洞察に満ち、インスピレーションの宝庫なので、刺激が欲しいときに見返しています。

これまで手掛けたプロジェクトで一番満足しているのは何ですか?

正直なところ、それは時とともに変わります。しかし 1 つ(または 2 つ)挙げるとすれば、2018 年の HP Mars Render Competition 向けに制作した「Reminiscence - A Martian's Goodnight」というタイトルの作品でしょう。この作品のおかげで、私のことがさまざまなプラットフォームで何度か取り上げられたので、最終選考では落ちましたが非常に満足しています。

Michael Khoo 氏が 3ds Max で作成した Reminiscence a Martians Goodnight

もう 1 つは、Fabio Palvelli の Weekly Render Challenge 向けに作成した「Aquarius」です。このプロジェクトでは大変良い結果を残せ、その週の 6 位に入ることができました。

Michael Khoo 氏が 3ds Max で作成した Aquarius のレンダリング

どのように 3D ソフトウェアを日々のワークフローに組み込んでいますか?

この数年間、3ds Max を日々使用して、レンダリングするシーンをセットアップしています。モデリング、テクスチャリング、ライティング、カメラ セットアップなどを行っています。満足のいく結果ができたら、作成したビューを V-Ray でレンダリングします。
最後に、Photoshop でポストプダクションを行って作品を仕上げます。

これまで受けたアドバイスで一番役に立ったものは?

私は自分を鼓舞するために、次の英知に満ちたアドバイスをいつも頭の中で反芻しています。最後の 2 つは矛盾しているように思えるかもしれませんが、両方をやりこなせると、可能性は無限に広がります。

これらのアドバイスを残してくれた方々には感謝もしています。彼らの言葉のおかげで、私は精神的にぶれることなく、建築ビジュアライゼーションのキャリアを築けているからです。

「うまくいくまで、うまくいっているふりをしろ」
- Ian(Plus Architecture)
「学び続けろ。立ち止まったり、安心しすぎてはいけない」- Fooch (Unsigned Studios)
「ポストでやれ」- Pedro(Arqui9)
「3D ならすべてが良くなる」 - Dom(Cera Stribley)

「うまくいくまで、うまくいっているふりをしろ」


Michael Khoo 氏が 3ds Max で作成した Nikita Battle Fashion のレンダリング

次に予定しているプロジェクトは?

オフィスには、私に料理されるのを待っている設計済みの建物がいくつかあります。仕事以外では、ゲーム アート コンペにエントリーするための環境アートの作品に取り組んでいるところです。


Michael についてもっと知りたいですか?

AREA
Behance
Facebook
Instagram


本社AREAのギャラリーでは、3ds Max、Maya、Maya LT、Mudboxなどのオートデスクのソフトウェアを使用したCGアーティストの最高の作品を展示しています。このコラムでは、その中の優秀な作品と作家を日本語にてご紹介します。あなたの作品もアップロードして、AREAコミュニティで共有しませんか?
*作品のアップロードには、Autodesk Accountが必要です。


製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。