Autodesk MotionBuilder 2011

Autodesk MotionBuilder 2011

Autodesk MotionBuilder 2011

2011 バージョンの新機能

Autodesk MotionBuilder は、長編映画、テレビ ゲーム、放送コンテンツ制作に使用されている、業界トップのリアルタイム 3D アニメーション ソフトウェアです。


統合されたNVIDIA® PhysX® プラグイン リジッドボディおよびラグドールのシミュレーションが NVIDIA PhysX プラグインを使用して計算されるようになりました。


MotionBuilder 2011 は Autodesk® Maya® 2011 の動作と厳密に一致しているため、相互運用性がいっそう高まっています。これにより Maya 2011 へのレイヤデータの書き出しが可能になりました。


GPU で計算されるスキンとブレンドシェイプのデフォーマ GPU を使用してスキニングとブレンドシェイプの変形を計算することで、パフォーマンスが大幅に向上し、ビューポートでのインタラクティブな操作性が増し、再生速度が数段速くなります。


MotionBuilder は最新バージョンの Autodesk® FBX® アセット交換テクノロジをサポートすることで、相互運用性の向上を促進し、より多くの機能をサポートするようになりました。


www.autodesk.co.jpで製品情報をご覧いただけます。