チュートリアル / 3ds Max Boot Camp
第2回:MAX プラグイン 【Greeble】

2019.09.04

  • 3ds Max
  • チュートリアル
  • モデリング
  • 学生・初心者
  • 映画・TV
3ds Max Boot Camp

3ds Max でモデルのディティールを追加する時等で使用できるフリープラグイン
Greeble】の紹介です。

今回の環境は 3ds Max 2020、Greeble 1.8を使用しています。

インストールはダウンロードしたファイルをMaxのPluginsディレクトリに入れるだけでモディファイアに追加されます。

【Greeble】について

Greebleはかなり前から3ds Max の無料の定番プラグインのような存在です。

ポリゴンをランダムに押し出して、簡単にモデル表面にディティールを追加することが出来るプラグインです。

Greebleで画像検索するとSFチックな建造物の画像がたくさん出てきます。

【Greeble】の使い方

使い方はポリゴンモデルにGreebleモディファイアを適用させて使います。

まずポリゴンモデルを用意します。

greebleの使い方
平面を用意します

Greebleモディファイアを適用するとランダムな押し出しが出来ます。
設定のところで押し出し処理を四角形ポリゴン、三角形ポリゴンを指定することが出来ます。

greebleの使い方
ランダムな押し出しが出来ました。

ちなみにGreebleの押し出しは四角又は三角ポリゴンのみで多角形のポリゴンには使えません。

greebleの使い方
四角、三角、多角形のポリゴンにGreebleを適用すると・・・
greebleの使い方
多角形には変化がありません

設定は押し出しの高さの下限と上限や、テーパー(先細り)、マテリアルIDなどが出来ます。

このプラグインはポリゴンを押し出し、更にその上にウィジェットといって簡単な5種類のオブジェクトを乗せてくれます。
イメージとしてビルを押し出して、屋上にエアコンの室外機などを置く感じです。

greebleの使い方

設定項目が少ないので扱いやすいと思います。

使用例①:キャプションの画像をモデリング

この記事のキャプションの画像も平面にGreebleを入れただけで作られていますので説明したいと思います。

使用例①:キャプションの画像をモデリング

まず先ほどと同じように平面を用意してGreebleを入れます。
・PanelsのTaper:0
・WidgetsのGenerateのチェックをはずします。

Greebleの使用例
こんな感じ

このモデルにもう一度Greebleを入れます。
・PanelsのGenerateのチェックをはずします。
・WidgetsのDensityを2にして数を増やします。

Greebleの使用例
宙に浮いたボックスがたくさん出来ました。

続いて今作ったオブジェクトをコピーして設定を少し変えます。
縦横に細いラインが伸びるように数値を調節します。
(分かりやすくオブジェクトの色をオレンジに変更しています。)

Greebleの使用例
縦横に細いラインが出来ました。

後は平面の分割数を増やしたり、Greebleの設定を結果を見ながら調節して完成です。

使用例②:スプラインに適用

スプラインに直接Greebleを入れても効果ないのですがスプラインの設定のレンダリング部分
Enable In Renderer(レンダラーを有効)
Enable In Viewport(ビューポートを有効)
この二つのチェックを入れるとポリゴン状態になるのでGreebleが使えるようになります。

Greebleの使用例
スプラインを用意します
Greebleの使用例
二箇所にチェックを入れます
Greebleの使用例
Greebleを適用

完成!

最後に

簡単にディティールが増やせるので応用次第でさまざまな使い方が出来そうです。
注意点としてはハイメッシュモデルや、3重にGreebleを重ねたりすると一気に重くなって固まってしまったりするので細かくする場合は実行する前に保存するなどして作業すると良いです。

Greeble[Download]

製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。