トレンド&テクノロジー / AREAギャラリーアーティスト
第22回:Aydin Yurekli

2022.06.14
  • 3ds Max
  • コラム
  • 建築・製造・広告

今月のAREAアーティスト特集はAydin Yurekli(アイディン・ユレクリー)さんです。Aydinさんはトルコ出身の3Dアーティストで、まばゆいばかりのデザインビジュアライゼーションレンダリングを制作しています。今回は、彼の作品、インスピレーション、そして新人アーティストへのアドバイスについて伺いました。インタビューはこちらからご覧ください。

Aydin Yurekli(アイディン・ユレクリー)さん

3D業界に入ったきっかけは?

大学生の時に3Dの講義を受けたのが始まりです。すぐに3Dのすべてが好きになりました。コンピュータ上で思いつくものを何でも作れるというのは、とてもエキサイティングなことでした。
また、この頃、多くの3Dアーティストに触発され、自分も同じようなレベルの高い作品を作りたいと思うようになりました。

作品のインスピレーションは何ですか?

私の夢と想像力です。自分の夢を、あたかも現実であるかのように3Dに変換してみるのです。私たち3Dアーティストは、人々が想像できないものを作ることで、人々に貢献していると思いたいのです。

Aydin Yurekli(アイディン・ユレクリー)さんの作品

仕事のどんなところが好きですか?

毎日異なるプロジェクトに取り組むのが好きです。また、ライティングで遊んだり、一般的にテクノロジーの境界を押し広げることも好きです。一番嬉しいのは、自分が作ったものに対する人々の反応を見ることです。それが一番うれしいですね。

クリエイティブ・ブロック(創造活動におけるスランプ)はどのように克服するのですか?

新しいプロジェクトを始めるときや、壁にぶつかりそうなときは、スケッチしたり、音楽をたくさん聴いたりします。レンダリングの基礎に集中し、細かいディテールをすべて完成させることを後回しにしないように心がけています。

3D業界について何か変えられるとしたら、それは何ですか?

画面とにらめっこすることから解放されるのが夢です。頭の中で見たものを作れるプログラムとコンピュータがあれば、もっと想像する時間が増えるのに。

Aydin Yurekli(アイディン・ユレクリー)さんの作品

これまで手がけたプロジェクトの中で、最も誇りに思うものは何ですか?

すべてのプロジェクトに誇りをもっています。まるで私の子どものようです。具体的なインテリアデザインは、私にとっては特に重要ではありません。私にとって最も重要なのは、どんなものであれ、私が作ったものを人々が気に入ってくれることなのです。

これまでのキャリアで、最も貴重なアドバイスは何ですか?

常に上を目指し、決してあきらめないこと。そして、最高のアーティストも、最初はどこかから始まったということです。


Aydinの作品をもっと見たいですか?

AREA ポートフォリオ


本社AREAのギャラリーでは、3ds Max、Maya、Maya LT、Mudboxなどのオートデスクのソフトウェアを使用したCGアーティストの最高の作品を展示しています。このコラムでは、その中の優秀な作品と作家を日本語にてご紹介します。あなたの作品もアップロードして、AREAコミュニティで共有しませんか?
*作品のアップロードには、Autodesk Accountが必要です。


製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。