トレンド&テクノロジー / AREAギャラリーアーティスト
第23回:Dongyoung Hwang

  • Maya
  • コラム

今月のAREAアーティスト特集はDongyoung Hwang(ファン・ドンヨン)さんです。Dongyoung は、独学で 3D キャラクターを学んだ韓国人アーティストで、ドイツ、ハレのブルク・ギービヒェンシュタイン美術大学の工業デザイン学科の学生でもあります。

Dongyoung Hwang さん

3D業界に入ったきっかけは?

私が3D業界に入ったのは、映画やゲームが好きだからです。小さい頃は、映画を観て、自分がその映画を作った人だと想像したり、映画を楽しんでいる人の反応を、まるで自分が作った映画を楽しんでいるように想像したりしていました。その後、大学で写真や3Dの授業を受けるようになり、CGIに興味を持つようになりました。

作品にインスピレーションを与えるものは何ですか?

映画の始まりから終わりまでインスピレーションを受けますし、強いキャラクターもそうです。映画を観た後、ずっと頭の中に残っているキャラクターは、いつもメモしています。

Dongyoung Hwang さんの作品

3D業界にはどのような変化を期待しますか?

牧歌的な話かもしれませんが、これからは自分で映画を作る時代だと思います。商業的な長編映画でなくても、一人で作るショートフィルムの時代が来ればいいと思います。私が3Dを学んだ理由のひとつでもあります。

これまで手掛けた作品の中で、最も誇りに思うものは何ですか?

処女作の『ジョジョラビット~トマシン・マッケンジー~』です。作品のクオリティもさることながら、初めて自分で最初から最後まで作品を仕上げたことで、自分の絵心に自信を持つことができました。あの作品は、初恋のような気持ちです。

Dongyoung Hwang さんの作品

ワークフローはどのようなものですか?

私の仕事は、まずビデオを見ることから始まります。いつもビデオを何度も見ながら、探求すべき対象を観察しています。映像からは、動きや雰囲気、全体のニュアンスなど、画像では得られない情報がたくさん得られます。また、映像は表情の変化を観察するのにも適したメディアです。
私が顔を作るとき、一番時間をかけているのは目の修正です。また、描いた質感と実際のレンダリングの差が少なくなるように心がけています。レンダリングするソフトでレンダリングテストを行いながら描くのが一般的です。レンダリングソフトはV-Rayを使用していますが、これはインタラクティブ性を重視しているからです。なるべくシンプルなプロセスを心がけています。

Dongyoung Hwang さんの作品

3D業界で働きたいと考えている人にアドバイスをお願いします。

誰もが自分自身の道を見つけなければならないということです。私の場合は、独学で3Dを学んでいます。
YouTubeやオンラインのチュートリアルを見て、それに従います。その間に、自分に合った方法を記録しておくようにします。最終的には、自分なりのプロセスを作り、それを他の才能あるアーティストと共有すればいいのです。
一度に一つのプロジェクトに集中しなければならないと思う必要はありません。人間の目は被写体に慣れやすいので、一つのものだけを見続けていると、目がすべてを主観的に解釈してしまうのです。しかし、プロジェクト間を行ったり来たりすれば、細かなディテールがより鮮明になります。

Dongyoung Hwang さんの作品

次はどんなプロジェクトに取り組みますか?

漫画のキャラクターを手がける予定です。映画に出てくる実写のキャラクターの顔を再現しつつ、服装などのアセットは原作のコミックからインスピレーションを得たいと考えています。また、最近スケッチを始めたオリジナルのキャラクターも作ってみたいです。もう少し腕が上がったら、3Dで作ってみたいですね。


Dongyoung の作品をもっと見たいですか?

AREA ポートフォリオ


本社AREAのギャラリーでは、3ds Max、Maya、Maya LT、Mudboxなどのオートデスクのソフトウェアを使用したCGアーティストの最高の作品を展示しています。このコラムでは、その中の優秀な作品と作家を日本語にてご紹介します。あなたの作品もアップロードして、AREAコミュニティで共有しませんか?
*作品のアップロードには、Autodesk Accountが必要です。


製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。