トレンド&テクノロジー / AREAギャラリーアーティスト
第15回:Diego Avesani

2021.11.18
  • Maya
  • コラム

今月もまた、驚異的なアーティストをご紹介する時が来ました。Diego Avesani(ディエゴ・アベサニ)さんです。ブラジルのブラジリアを拠点に、複数の3Dアニメーションスタジオでルックデベロップメントとライティングを担当しています。

Diego Avesani(ディエゴ・アベサニ)さん

あなたが「これは仕事としてやりたいことだ」と思った瞬間は何でしたか?

3D業界に初めて出会ったのは、10代後半の頃、ブラジルのサンパウロで開催されたコンピューターフェアでした。1994年のFenasoftイベントで、SGIにAliasやWavefrontのPowerAnimatorが搭載されているのを初めて見たのです。その時、私はこの業界で働きたいと思いました。私が勉強を始めたのは、情報へのアクセスが制限されていた非常に困難な時期でした。今と違ってインターネットもなく、受講できる講座も限られていました。自分の住んでいる地域に限定され、すべてを試行錯誤しながら学んでいました。しばらくして、インターネットが進化し始めると、3Dアートやアートメイキングをテーマにしたフォーラムが自由に利用できるようになり、すぐに私の知識の源となりました。そこで、世界中のさまざまなレベルの人たちと触れ合うことができたのです。この瞬間は、自分の知識を広げるためだけでなく、新しいことを学び、参考にするためにも欠かせないものでした。その後、私は広告市場にサービスを提供する会社を立ち上げました。現在、私は新しいプロフェッショナルなステージに移っており、そこで貢献し、開発を続けることができるでしょう。

あなたが現在住んでいる地域の3Dコミュニティはどのようなものですか?

残念ながら、私の住む街の3D市場はあまり目立たず、知名度もありません。残念なことに、知名度が低いために、多くの人が私のようにリモートで仕事をしたり、ブラジリアを離れざるを得なくなっています。

Diego Avesani氏によるMotoca

アートスタイルはどのようにして確立されたのでしょうか?漫画的なスタイルと、よりリアルなスタイルのバランスはどのようにとっているのですか?

私のスタイルは、私がエンターテイメントを楽しむことで生まれたものです。昔からジオラマが好きで、リアルな絵画をミニチュアに応用するのを見るのが好きでした。アニメもよく見ます。特に「攻殻機動隊」や「AKIRA」のような古典的な作品では、カートゥーン風のキャラクターとリアルな背景がよく組み合わされています。もともとそのようなスタイルが好きで、評価していました。また、リアルな絵画やイラストなど、目で見て本物だと思っても、実際にはそうではないものも好きです。このような効果を得るためには、どちらか一方のスタイルを優先するのではなく、これらの参考資料のバランスを取ることが大切です。

Diego Avesani氏によるSmile

あなたの作品にはどんなインスピレーションがありますか?

映画やテレビ、音楽、コミック、イラスト、本など、いろいろなものからインスピレーションを受けますが、創作することの喜び、やりたいこと、学びたいことが私の最大のモチベーションです。創作活動を続けるために、私を奮い立たせてくれるものです。

ワークフローはどのようになっていますか?

私のワークフローは、プロジェクトによって大きく異なりますが、ほとんどの場合、参考となる画像を探して勉強することから始めます。テクスチャリングを始める前に、スカルプトマップを入手しますが、これは作業を進める上で非常に役立ちます。その後、アートディレクションのスタイルに合わせて、これらのマップとジオメトリをSubstance Painterにエクスポートします。写真を使わずに手作業でテクスチャーを作るのはクールだと思います。個人的な作品の場合は、時間に余裕があるので、すべてを「手作り」するようにしています。そうすることで、多くのことを学ぶことができます。その後、Mayaに戻って、レンダリングのためのマテリアル、ライティング、グルーミングなど、別の段階に入りますが、時間が経つのも忘れてしまいます

Diego Avesani氏によるCarlitos(左)とNerd(右)

あなたが最も誇りに思っているプロジェクトはどれですか?

障害を克服したプロジェクトは、どんなレベルであっても誇りに思う価値があります。今までやったことのないことでも、勉強したり研究したりして開発したものでも、その過程で新たに学んだことでも、誰もが誇りに思えるはずです。

キャリアをスタートさせたばかりの3Dアーティストにアドバイスをお願いします。

学習曲線が長いことを念頭に置いてください。結果を出すためには忍耐強く、自分の行きたいところに向かって集中し、決意を固めることです。重要なことは、常に何かを制作することです。特に個人的な作品を制作することが大切です。


Diego氏の作品をもっと見たいですか?

AREA ポートフォリオ
ArtStation
Instagram


本社AREAのギャラリーでは、3ds Max、Maya、Maya LT、Mudboxなどのオートデスクのソフトウェアを使用したCGアーティストの最高の作品を展示しています。このコラムでは、その中の優秀な作品と作家を日本語にてご紹介します。あなたの作品もアップロードして、AREAコミュニティで共有しませんか?
*作品のアップロードには、Autodesk Accountが必要です。


製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。