トレンド&テクノロジー / AREAギャラリーアーティスト
第4回:Darko Mitev

2020.12.03

  • Maya
  • アニメ
  • コラム
  • 映画・TV

今回の AREA 注目アーティストは、Darko Mitev 氏です!
私たちは、Darko 氏による美しい SF およびファンタジー キャラクターの長年のファンです。ここでは彼の経歴と作品についてお話を伺います。

3D アーティスト Darko Mitev

こんにちは。Darko Mitev、29 歳です。マケドニア出身の CG ゼネラリストで、現在はアイルランドのダブリンに住んでいます。Brown Bag Films でリード キャラクター アーティストを務めています。

3D 業界に入ったきっかけは?

今から 13 年前、アニメ映画「ファイナルファンタジー VII アドベントチルドレン」を観たのが始まりでした。あまりにも魅了され、いろいろな人に話したことを覚えています。
それを聞きつけたコンピューター サイエンスの先生が、Maya 5 の Personal Learning Edition をくれたんです。FF7 はこのプログラムで制作されたんだよと。それを開いたことがきっかけで、今に至るというわけです。

Darko Mitev 氏が Autodesk Maya で作成した 3D の The History Teacher

3D 業界での初めての仕事は?

マケドニアにある Fx3X という VFX 会社の仕事でした。当時、その会社は TV アニメ番組を作るためにチームを拡張していて、私は運よくそこに加わることができたのです。
Fx3X に入社したときは、「Holly and Hal Moose」という TV アニメ番組の制作が始まったところで、その後、当時最大手の玩具メーカーだった Build-A-Bear の 90 分のクリスマス特別番組も手掛けました。

作品のインスピレーションはどこから得ていますか?

一番のインスピレーションの源は、素晴らしいストーリーです。映画、ゲーム、本、歌など、ストーリーが魅力的ならメディアは問いません。自分のアートワークでは、たくさんの考えをメッセージやストーリーに込めるようにしています。そのため、たいてい最初にちょっとしたストーリーを書きます。その後で、それがどんな風に見え、どんなスタイルが最適かを思い描きます。

Darko Mitev 氏が Autodesk Maya で作成した 3D の Chloe

仕事で気に入っているところは?

正直言って、とにかく仕事が大好きです。携わっているプロジェクトで優れたコンセプトやスクリプト ブレイクダウンを渡されたら、音楽をガンガンかけ、周りのことは忘れて制作に没頭するのが本当に楽しいんです。

仕事で何か苦手なことは?

管理業務です。アーティストとして成長し、リードや監督などへと役職が上がると、タスクや人、ものすごい数の会議をうまく管理して、番組のすべてのアセットやスケジュールを把握しなくてはなりません。各パイプラインの重要なステップであり、プロジェクトが日の目を見るには欠かせないことですが、アート制作に費やせる時間が減るので少しストレスに感じています。

お気に入りの映画やTV番組を教えてください。

たくさんありますよ! 短くまとめるならファンタジーとSFが好きなので、映画では「ロード・オブ・ザ・リング」三部作、「ホビット」三部作、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」、「スター・ウォーズ」全エピソード、アニメ版「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 インターナショナル・ヴァージョン」、「アップルシード」のすべて、「マトリックス」、「マーベル・シネマティック・ユニバース」です。
TV番組なら「ウィッチャー」、「オルタード・カーボン」シーズン 1 と 2、「カーニバル・ロウ」、「FRINGE/フリンジ」です。

Darko Mitev 氏が Autodesk Maya と Arnold で作成した 3D の The Experiment

ゲームでは何が好きですか?

これもまた難しい! いくつか選ばないといけないなら、「ウィッチャー 3 ワイルドハント」、「Detroit: Become Human」、「Fallout 3」、「FINAL FANTASY VII REMAKE」ですね。

これまで手掛けたプロジェクトで一番満足しているのは何ですか?

うーん。自分が携わった多くのプロジェクトに満足していますが、一番楽しかったのは「Elvenar」のシネマティクス プロジェクトです。私はドイツの Sehsucht 社のためにエピソード 1 と 2 を担当しました。「Revival」プロジェクトを公開した後に連絡をもらい、そういったスタイルのゲーム シネマティクスを求めていると言われたのです。ファンタジー ジャンルと、シネマティックながらも様式化された外観が好みなので、私はすぐにそのプロジェクトに夢中になりました。

Darko Mitev 氏が Autodesk Maya で作成した 3D の The Revival

オートデスクのソフトウェアをどのように使用していますか?

主なソフトウェアは Maya で、キャラクターのブロック アウトから小道具や環境のモデリング、UV まで、パイプラインでほぼ何にでも使っています。またメイン レンダラーには Arnold を使用しているので、ライティングやシェーディングは Arnold で行います。テクスチャ ペインティングには Mudbox を使うことがほとんどです。今でも Mudbox が素早く効率的にテクスチャ作業を行える、一番シンプルで簡単なテクスチャ パッケージだと思っています。

これまで受けたアドバイスで一番役に立ったものは?

何年も前、まだジュニア モデラーだった頃、職場の昼休みに業界のシニア アーティストが作成した複雑で詳細なアートワークを見ていました。そして「いつかこんな複雑で素晴らしいアートワークを作りたい」、と独り言を言ったんです。
するとアート ディレクターが私に近づいてきてこう言いました。
「なぜいつかなの? 今日やってみればいいじゃない。やり方を知らないからって、複雑なプロジェクトにチャレンジするのを恐れないで。やっているうちに分かってくるから。慣れ親しんだ安全地帯から抜け出すことで、人は成長するんだよ」

「慣れ親しんだ安全地帯から抜け出すことで、人は成長するんだよ」

Darko Mitev 氏が Autodesk Arnold と Maya で作成した 3D の Innocent

次に予定しているプロジェクトは?

昨今の情勢によりオンライン開催となった IFCC Animation Conference での講演向けに、様式化したアートワークに取り組んでいます。とてもハッピーで、エネルギッシュで、カラフルなプロジェクトで、雪の環境にとてもクールなキャラクターが登場します。完成して皆さんに披露できるのを楽しみにしています。


Darko についてもっと知りたいですか?

AREA
ArtStation
Instagram
LinkedIn


本社AREAのギャラリーでは、3ds Max、Maya、Maya LT、Mudboxなどのオートデスクのソフトウェアを使用したCGアーティストの最高の作品を展示しています。このコラムでは、その中の優秀な作品と作家を日本語にてご紹介します。あなたの作品もアップロードして、AREAコミュニティで共有しませんか?
*作品のアップロードには、Autodesk Accountが必要です。


Maya Learning Channel
製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。