教育機関・学生 Education

教育機関・学生

text by 生山 浩
Posted: 2017.04.21

「CGを学ぶ」とは?

「CGを学ぶ」ことの目標とは何でしょうか?筆者であれば「より魅力的な映像を制作すること」と答えるでしょう。 ここで言う「映像」とは、ゲーム・映画・テレビのCMやドラマなどを指し、これらの映像には多くのCGが使用されています。 CGは、非現実なシーンを現実的なものに見せることや、エフェクトや合成でより魅力的な映像にすることができ、今日の映像でCGは欠かすことのできない技術になっています。 また、CGの技術は日々進歩しており、映像制作の現場では、常に新しいCGの技術を学び・取り入れ、より魅力的な映像の制作に取り組んでいます。

具体的な内容

では、「CGを学ぶ」具体的な内容はどういうものなのでしょうか?CGの技術や、CGを使った映像制作を学ぶことで、学ぶべき項目を並べてみると以下のようになります。

モデリング・テクスチャー制作・リギング・アニメーション・ライティング・カメラワーク・コンポジット・VFX・映像制作技法・演出技法・デッサン・クロッキー・...。

これらを「独学」で学ぶことは、昨今のインターネットの時代では可能なのかもしれませんが、「学校でCGを学ぶ」ことをお勧めししたいです。 理由は、CG・映像制作を「効率的・効果的」に学べることにあります。

生山 浩

生山 浩

株式会社アライアンス 代表取締役

日本電子専門学校に24年間在職し、ゲーム分野の学科を設立し、同分野の学科長、学部長を経て、教育部長、就職部長、副校長を歴任。2014年の退職後、現在の(株)アライアンスを設立。現在は、ゲーム企業などでの採用コンサルを主な事業としている他、地方の専門学校で実施している就職セミナーは好評いただいています。
http://www.allianceinc.co.jp/

学生向け無償版を使おう

For Students

学生の方はオートデスク製品を無償でご利用いただけます。
業界標準ソフトを習得して卒業までに一流のスキルを身につけよう!

Media & Entertainment Collection