トレンド&テクノロジー / AREAギャラリーアーティスト
第24回:Guga Barbosa

  • 3ds Max
  • Maya
  • コラム

今月のAREAアーティスト特集はGuga Barbosa(グガ・バルボサ)さんです。
グガはブラジルのマセイオで生まれ、ニュージーランドのオークランドを拠点に活動する3Dジェネラリスト・アーティストです。2012年、彼はブラジルを拠点とするブティック3Dスタジオ「Studio Didalí」を共同設立しました。

Guga Barbosa さん

3D 業界に入ったきっかけは?

建築の学位取得中に3Dの勉強を始めました。2004年、AutoCAD R13を使って建築ビジュアライゼーションのモデリングを始めました(私の大学が持っていたのはこのバージョンだけでした。押し出しの値をすべて手作業で、ポリゴンごとに入力する必要があったのです...。悪夢のようでした)。3ds Maxを使い始めたのもその頃です。学位取得後は、グラフィックデザイナーとしてのキャリアをスタートさせ、フリーランスで建築ビズの仕事もこなしました。その後、2012年にパートナーのDavid Almeidaと一緒にStudio Didalíを設立し、建築ビズや広告キャンペーンのための3Dアニメーションの仕事をするようになりました。

3Dの仕事に就いたきっかけは何ですか?

私にとっては、ごく自然な成り行きだったと思います。子供の頃から絵を描くのが好きで、両親も私に美術の練習をするように勧めてくれました。それから数年後、17歳のときに初めてコンピュータを手に入れ、嬉しくて夜通しペイントブラシで絵を描いていました。大学1年の時、友人が3ds Maxで制作した3D画像を見せてくれました。その画像は私の度肝を抜きました。一目惚れでした。それ以来、3D映像の勉強と制作をやめられなくなりました。

Guga Barbosa(グガ・バルボサ)さんの作品

インスピレーションはどこから得ているのですか?

身の回りのものすべてから、参考になるものを探すようにしています。でも、古典的な芸術運動にはとても情熱を持っています。ルネッサンスとマニエリスムは、史上最高のアーティストを生み出したと思います。また、写真、映画、グラフィックデザイン、カートゥーン・アニメーションも大好きです。私の作品は、これらの多彩な興味を反映したもので、様式化されたカートゥーンとよりリアルなスタイルの間を行き来していると思います。

仕事の醍醐味は何ですか?

3Dの世界が与えてくれるすべての可能性が好きです。テクノロジーを駆使することで、現実を超えた素晴らしいストーリーを創り出すことができ、あらゆる感情を呼び起こすことができる別世界を提示することができるのです。

"テクノロジーを使えば、現実を超えた素晴らしい物語を創り出し、あらゆる種類の感情を呼び起こすことができる別世界を提示することができます。"

Guga Barbosa(グガ・バルボサ)さんの作品

仕事の中で一番嫌いな部分は何ですか?

技術的に言えば、リトポロジーとUV展開が一番嫌いな部分です。でも、良い結果を出したいのであれば、これらは基本的なステップです。だから、うまくやることが大切なんです。

Guga Barbosa(グガ・バルボサ)さんの作品

3D業界で変わってほしいことは何ですか?

なぜすべてのプロジェクトが厳しい納期なのでしょうか?私の理想の世界では、芸術的で創造的な仕事がもっと尊重されるようになることでしょう。そうすれば、時間に追われることなく制作ができ、プロフェッショナルは仕事のプロセスを楽しむことができるようになるはずです。

これまで手掛けたプロジェクトの中で、最も誇りに思うものは何ですか?

Goro Fujitaさんのコンセプトをもとにスタジオで行った「Leaving the Nest」というノンコミッションの仕事が好きです。発表してから数ヶ月後にChaosGroupから連絡があり、「Total Chaos 2018」というイベントの広告にこの画像を使用することになりました。3Dの世界でこのような重要なイベントのキャンペーンに刻印された作品は、本当にクールでした。

Guga Barbosa(グガ・バルボサ)さんの作品

ワークフローはどのようなものですか?

私の主なワークフローは、まずオーガニック・モデリングとポリペイントにZBrushを使用しています。その後、3ds Maxを使って、リトポロジー、UV展開、ポリゴンモデリング、テクスチャー、シーンのアセンブルを行っています。また、ライティングとレンダリングには、V-Rayを使用しています。他のスタジオと共同で作業する場合は、MayaやArnoldも使うことがあります。

これまでのキャリアで最も貴重なアドバイスは何ですか?

テクニックとツールをうまくコントロールすることは、勉強の結果であるということです。時間がかかるものです。だから、焦らないこと。その代わり、一貫した練習と毎日の勉強でハードワークを続けてください。そうすれば、必ず結果が出ます。

Guga Barbosa(グガ・バルボサ)さんの作品

3D業界で働きたい人にアドバイスをお願いします。

3Dの基本を学ぶこと。
常に個人的な作品を作ること(クライアントや締め切りのプレッシャーがないことは、自己啓発や新しいスキルの習得に最適だからです)。
良いレファレンスを使うことを忘れないでください。ドローイングや写真など、関連する活動にも興味を持ち続けることをお勧めします。これらは、世界に対する視覚的な認識を広げるのに優れています。

次に取り組んでいるプロジェクトは?

現在、ブラジルのスーパーマーケットのクリスマス・マーケティング・キャンペーンのために、30秒のビデオを制作しています。


Guga の作品をもっと見たいですか?

AREA ポートフォリオ


本社AREAのギャラリーでは、3ds Max、Maya、Maya LT、Mudboxなどのオートデスクのソフトウェアを使用したCGアーティストの最高の作品を展示しています。このコラムでは、その中の優秀な作品と作家を日本語にてご紹介します。あなたの作品もアップロードして、AREAコミュニティで共有しませんか?
*作品のアップロードには、Autodesk Accountが必要です。


製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。