トレンド&テクノロジー / AREAギャラリーアーティスト
第20回:Ali Chenari

2022.04.20
  • 3ds Max
  • Mudbox
  • コラム

今月のAREAアーティスト特集はアーティストのAli Chenari(アリ・チェネリ)さんです。アリさんは、アニメーション業界で18年以上働いている受賞歴のあるアートディレクター、CG/3Dイラストレーターです。ニコロデオン、ドリームワークスTV、ユニティ・テクノロジーなど、多くのクライアントと仕事をしています。

Ali Chenari(アリ・チェネリ)さん

仕事としてやりたいのはこれだと思った瞬間は?

私は以前、2Dと3Dの両方のアーティストとして働いていました。私にとっての金字塔は、アニメーションの全体的なルックをデザインしたことです。2Dのデザインを3Dに変換し、全体のスタイルがストーリーを支えていることを確認する必要があり、とてもエキサイティングでした。このように自分のスキルを組み合わせることで、アニメーションのアートディレクターになりたいと思うようになったのです。

3D業界における最初の仕事は何でしたか?また、その仕事はいかがでしたか?

以前、民放テレビ局でモデラーとして働いていたのですが、とてもエキサイティングでした。当時は、CGのパイプラインやチームワークについて何も知らなかったので、毎日が冒険でした。チーム全員が違うソフトを使っていたので、パイプラインですべてのソフトをどう動かすか、苦労しましたね。

私は3Dモデラーとして入社しましたが、テクスチャリング、アニメーション、絵コンテも担当しました。そのような幅広い仕事をしたことが、今の自分を支えています。

Ali Chenariの作品

作品にインスピレーションを与えるものは何ですか?

最初に見たピクサーの短編映画「ジェリーズ・ゲーム」や「鳥のために」は、私にとって信じられないほどのインスピレーションを与えてくれました。その頃、家族で初めてコンピュータを購入し、母に促されてアニメーションのコースを受講するようになりました。その頃から、3Dアニメーションの魅力に取りつかれました。

仕事の魅力は何ですか?

クリエイティブな仕事ができることです。まだ存在しないキャラクターを作るときは、とてもワクワクします。また、新しいユニークなビジュアルスタイルをデザインし、開発することも好きです。

さらに、チームワークも大好きです。他のアーティストと一緒に仕事をしたり、自分の役割で彼らの創作を手伝ったりするのは、充実したものです。

仕事の中で一番嫌いなことは何ですか?

大好きなデザインを、クライアントのフィードバックに基づいて変更しなければならないのは、いつも苦労します。クライアントのアドバイスが視覚的にうまくいかないと感じることもありますが、最終的にはクライアントが自分のプロジェクトに何が一番適しているかを知っているのです。

Ali Chenari の作品

これまで手がけた3Dプロジェクトの中で、最も複雑なものは何ですか?

ニコロデオン社のテレビアニメ「Santiago of the Seas」が、最もチャレンジングなプロジェクトだったと思います。この番組は、ビジュアルエフェクトを多用したアニメで、ビジュアルエフェクト部門を監督するために、たくさんの新しいことを学ばなければなりませんでした。また、映像、環境、キャラクターなど、さまざまなアセットがあるため、美的な統一感も重要な仕事でした。最終的には、課題を克服することができたと思っています。

3D業界に期待することは何ですか。

ここ数年、3D業界は大きく変化しています。良い点としては、すべてのソフトウェアやツールが、アーティストにとってより使いやすく、わかりやすくなってきていることです。私は、アーティストが技術的な障壁にとらわれず、より創造的になれるように、このアプローチがアクセス可能なプラットフォームに到達することを望みます。

これまで手がけたプロジェクトの中で、最も誇りに思っているものは何ですか?

ここ数年に手がけたプロジェクトのほとんどを誇りに思っています。特に、「Santiago of the Seas」「Middle School Moguls」「Astrology」「Unity Technology short animations」などがそうです。

ワークフローはどのようなものですか?

私はさまざまなパイプラインを持っていて、取り組んでいるプロジェクトとその範囲に基づいて選んでいます。個人的な仕事では、いくつかのスケッチとカラーデザインから始めて、Mudboxや3ds Maxで高解像度のスカルプティングを行います。その後、Substance PainterやPhotoshopでテクスチャリングを行い、3ds Maxで最終的なライティングを行い、Nukeで最終的な合成を行います。

Ali Chenari の作品

これまでのキャリアの中で、最も貴重なアドバイスは何ですか?

初期の頃、3Dのテクニックやツールに夢中になっていた私に、あるアーティストが「自分の作品を向上させるには、アートの基礎や原則にもっと目を向けるべき」と助言してくれました。この助言は、私の作品全体に大きな影響を与えました。

アーティスティックなスタイルを求めるアーティストに、何かアドバイスはありますか?

伝統的な芸術の基礎を学ぶことは、新しいビジョンを見出すのに役立ちます。また、芸術の背後にある科学を学び、自然界に存在するものを深く理解することは、創作の過程をよりよく理解することにつながります。また、いつも典型的なワークフローに従うのではなく、もっとクリエイティブに道具を使うべきだと考えています。

Ali Chenari の作品

次はどんなプロジェクトに取り組むのですか?

次は、短いアニメーションをいくつか制作する予定です ご期待ください。


Ali Chenariの作品をもっと見るには?

AREA ポートフォリオ


本社AREAのギャラリーでは、3ds Max、Maya、Maya LT、Mudboxなどのオートデスクのソフトウェアを使用したCGアーティストの最高の作品を展示しています。このコラムでは、その中の優秀な作品と作家を日本語にてご紹介します。あなたの作品もアップロードして、AREAコミュニティで共有しませんか?
*作品のアップロードには、Autodesk Accountが必要です。


製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。