トレンド&テクノロジー / AREAギャラリーアーティスト
第17回:Matias Toloza Salech

2022.01.19
  • Arnold
  • Maya
  • コラム

今月のAREAアーティスト特集はアーティストのMatias Toloza Salech(マティアス・トロサ・サレッチ)さんをご紹介します。Matiasはチリのサンチアゴを拠点に活動する3Dジェネラリストです。3DアニメーションとVFXの学士号を取得した後、過去6年間フリーランスとして活動しています。最近、CineLight Academyで3Dコースを受講し、自分のスキルを次のレベルに引き上げました。

Matias Toloza Salech(マティアス・トロサ・サレッチ)さん

仕事としてやりたいのはこれだ!と思った瞬間は?

子供の頃からゲームや映画が好きだったんです。World of WarcraftやStarcraftをたくさんプレイして、シネマティックがとにかく好きでした。Wrath of the Lich Kingが公開されたとき、自分のキャリアはこれでいいんだと思いました。

作品にインスピレーションを与えるものは何ですか?

より良いアーティストになりたいという欲求と、世界の新しい見方を発見したいという欲求です。

Grogu Fan Art by Matias Toloza Salech
Grogu Fan Art by Matias Toloza Salech
Darth Maul Fan Art by Matias Toloza Salech
Darth Maul Fan Art by Matias Toloza Salech

ワークフローはどのようなものですか?

私のワークフローは、取り組むプロジェクトによって異なります。まず、参考となる画像を調査することから始めます。それからMayaでプロジェクトを開き、3Dモデルを作成し、UVを作成し、ライトリグを作成し、ライティングを合わせます。それができたら、そのモデルをSubstance Painterでテクスチャリングし、TIFFファイルとしてエクスポートします。その後、Mayaに戻ってシェーダーを使い、Arnoldでレンダリングし、最後にNukeでコンポジットして終了です。

ご自身のプロジェクトで最も誇りに思っているものは何ですか。

学校に戻ってから、たくさんの新しいプロジェクトに取り組みましたが、どれも誇りに思っています。中でも「Buzz Lightyear」は、非常にチャレンジングなプロジェクトだったので、特に印象に残っています。バズは業界で最も知名度の高いキャラクターの1つであるため、うまくいかなければならないというプレッシャーがありました。でも、その出来栄えには、とても満足しています。

Buzz Lightyear Fan Art by Matias Toloza Salech
Buzz Lightyear Fan Art by Matias Toloza Salech

これからキャリアをスタートさせる3Dアーティストに、何かアドバイスはありますか?

ディテールが違いを生みます。だから、常に参考画像を使い、目を研ぎ澄ましておくことです。
そして、目標を達成したいのであれば、決してあきらめずに努力することです。何があっても、自分を信じることです。いつの日か、自分が望んでいた場所に行けるはずです。


マティアスの作品をもっと見たいですか?

AREA ポートフォリオ
Vimeo


本社AREAのギャラリーでは、3ds Max、Maya、Maya LT、Mudboxなどのオートデスクのソフトウェアを使用したCGアーティストの最高の作品を展示しています。このコラムでは、その中の優秀な作品と作家を日本語にてご紹介します。あなたの作品もアップロードして、AREAコミュニティで共有しませんか?
*作品のアップロードには、Autodesk Accountが必要です。


製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。