Best of AU 2020 Speaker Awards

昨年開催したグローバルデジタルイベント Autodesk University 2020 のアワード 「Best of AU 2020 Speaker Awards」が発表され、Top Session Engagement - Japanese Language に M&E セッションの成田 昌隆 氏のセッションが選ばれました。

受賞した成田氏からのメッセージ

"多くの方に視聴していただけたとのこと、 一生懸命やらせていただいた甲斐がありました。自分の体験が少しでも皆様のお役に立てたのであれば光栄です。この度は貴重な機会を与えていただきありがとうございました。"

受賞したトロフィーと成田 昌隆 氏

本セッションは Autodesk University 2020 でオンデマンド配信でご覧になれます。
まだご覧になっていない方はぜひご視聴ください。

Modeling STAR WARS 46歳でサラリーマンから転職した日本人の挑戦

2015年から公開されたスターウォーズ新3部作。ミレニアム・ファルコンのモデリングを担当したのは46才で証券マンからハリウッドのCGモデラーに転職した日本人。スター・ウォーズのリード・モデラーになるまでの経緯をスター・デストロイヤーなどのメイキングを交えて紹介。また米国のVFX事情についても触れる。

成田 昌隆 氏

成田 昌隆 氏

ルーカスフィルム / ILM
リード・モデラー
1963年生、愛知県出身。名古屋大学工学部卒。NECにて衛星通信アンテナ用電子回路設計やファームウェア開発を経験後、日興證券のIT部門におけて技術リサーチを担当。2009年から米国VFX業界に転身。デジタル・ドメイン等のスタジオを経て、2013年ルーカスフィルムのVFX部門インダストリアル・ライト&マジック、通称ILMへ移籍。2015年公開の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』からスター・ウォーズシリーズのCGモデラーとして制作に携わり、ミレニアム・ファルコンやスター・デストロイヤーのデジタル・モデリングを手掛けている。

学生向け無償版を使おう

For Students

学生の方はオートデスク製品を無償でご利用いただけます。
業界標準ソフトを習得して卒業までに一流のスキルを身につけよう!

Media & Entertainment Collection
製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。