Flame

Flame

Flame の新機能

Flame 2017 の新機能

3D ビジュアル エフェクト

GMask トレーサ

スプラインベースのシェイプ ツールを使用してコンポジットを作成できます。

GMask トレーサ

コンテキストに応じた Flame Desktop ワークフロー

ツールセットを選択して、より早く作業を完了できます。(ビデオ: 2 分 44 秒 英語)

コンテキストに応じた Flame Desktop ワークフロー

Action 3D コンポジティング環境

Action ツールはインタラクティブなビジュアル FX を有効にします。(ビデオ: 1 分 44 秒 英語)

Action 3D コンポジティング環境

Batch プロシージャル コンポジティング

カスタム ツリーを構築し、各エフェクトを調整できます。(ビデオ:1 分 43 秒 英語)

Batch プロシージャル コンポジティング

メディア管理、読み込み、書き出し、パブリッシュ

メディア管理が強化されます。

メディア管理、読み込み、書き出し、パブリッシュ

コンフォーム タイムライン(機能強化)

リビジョンをさらに簡単にします。

コンフォーム タイムライン(機能強化)

Matchbox カメラ FX

Stingray テクノロジによる高性能なレンダリングを行えます。 (ビデオ:1 分 13 秒 英語)

Matchbox カメラ FX

エディトリアル ワークフロー

コネクテッド コンフォーム

複数のシーケンスでメディアを共有、ソート、同期できます。

コネクテッド コンフォーム

新たにサポートされたカメラとフォーマット

カメラとフォーマットのサポート対象が広がりました。

新たにサポートされたカメラとフォーマット

ワークフローの改善

リール グループ、Batch FX タイム ラインにより、ワークフローを簡略化できます。(ビデオ:2 分 38 秒 英語)

ワークフローの改善

メディア管理のアプローチの統合

Flame でメディアをより効率的に管理できます。

メディア管理のアプローチの統合

より高速なコンフォーミング

コンフォームにより、マルチレイヤ タイムラインを迅速に作成できます。

より高速なコンフォーミング
Top