添付ファイルの日本語対応

連絡事項や指示書のファイル名は、日本語のほうが便利なケースが多いと思います。

v.7.0.1のアップデートでは、添付ファイルに日本語名が正しく扱えるように改善が行われました。

これまでは、Unicode文字を含むデータを添付ファイルとしてアップロードするとアンダースコアに置き換わってしまうという問題がありました。

unicode1.jpg

アップデート後は、次のように日本語やUnicode名のファイルを正しく扱えるように改善が行われています。

unicode2.jpg

もちろん、添付ファイルをダウンロードする時にも正しい名前で保存が行えます。

unicode3.jpg

制限事項:

注意点としまして、アップロード直後はファイル名がアンダースコアで保存されます。
正しい名前で保存を行うためには、約1分ほどの処理時間がかかります。

次のように添付ファイルのリンク先がAWSのURLに変わると処理は完了しています。

unicode4.jpg

添付以外でも、Versionsに日本語ファイル名のメディアをアップした場合にも、Uploaded Movieフィールドから日本語名でのファイルを保存が可能です。

unicode5.jpg

SHOTGUN(ショットガン) 無償体験版 30日間 便利なプロジェクト管理を体験しよう

SHOTGUN ブログ

製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。