Extension for Autodesk Maya 2014

機能と特長

Autodesk® Maya® 2014 Extension (拡張機能)は、業界最高のテクノロジーを Maya アーティストにもたらします。新しいツールや機能強化により、今日の要求の高い制作で求められる複雑で高品質なアセットをより簡単に作成できるようになります。ヘア、ファー、羽毛、草、葉などのインスタンス化されたデータを作成するための XGen Arbitrary Primitive Generator、新しいリトポロジ ツールセット、新しい堅牢かつ効率的なブール演算、Bullet Physics プラグインの機能強化により、Maya 2014 Extension はモデラー、アニメータ、エフェクト アーティストの生産性を向上させます。

主な機能と特長

XGen Arbitrary Primitive Generator

Maya アーティストが XGen Arbitrary Primitive Generator テクノロジーを利用できるようになりました。これは、Walt Disney Animation Studios が映画『塔の上のラプンツェル』、『ボルト』、そして Pixar Animation Studios が『トイ・ストーリー 3』で使用したテクノロジーです。XGen を使用すれば、アーティストはポリゴン メッシュのサーフェス上にカーブ、球、カスタム ジオメトリを作成して、キャラクタ上にヘア、ファー、羽毛を作成して整えたり、広い地形をすばやく草、茂み、木、岩、瓦礫などで埋めることができます。XGen ではジオメトリがレンダリング時にプロシージャルに作成されるので、メモリにロードするとシステムをスローダウンさせてしまうような大量のインスタンス化データも処理することができます。レンダリングされたエフェクトは高速化された Maya Viewport 2.0表示でプレビューできます。また、アトリビュートを設定、マップをペイント、エクスプレッション (SeExpr) を作成、付属のインタラクティブな XGroom ツールセットの使用により、プリミティブの外観や動作をコントロールできます。長い髪はガイド ヘアを作成することでコントロールでき、Maya nHair ツールセットを使用してシミュレートも可能です。

新しいリトポロジ ツールセット

NEX モデリング テクノロジーが Autodesk Maya 2014 に搭載され、リトポロジ メッシュのワークフローがさらに合理化されました。また、[クワッド描画]ツールが新しいリラックスおよびツィーク機能をソフト選択と統合し、新しいインタラクティブなエッジの延長ツールも利用できます。これによりアーティストは、メッシュを最適化して、よりきれいに変形を行い、Maya 内で 1 つのツールセットを使ってより効率よく作業できるようになりました。

新しいリトポロジ ツールセット

改善されたブール演算

ポリゴン ジオメトリ上でより迅速に信頼性の高いブール演算を行うために、堅牢かつ効率的な新しいライブラリが採用されました。この新しいテクノロジーは、数多くの複雑な高解像度のデータセットを使い、広範囲なテストによって最適化されており、開いたサーフェス上でより適切な結果を得る事ができます。

改善されたブール演算
改善されたブール演算

Bullet Physics の機能強化

Maya 2014 Extension では、Bullet プラグインにいくつかの機能強化がなされており、アーティストはオープン ソース Bullet Physics エンジンを使用して、大規模かつ非常にリアルな動的および運動学的なシミュレーションを Maya で作成できます。AMD (Advanced Micro Devices 社)との協力のもと、Bullet プラグインを使用して、複数のメッシュから複合衝突シェイプを作成できるようになりました。また、新しい HACD (Hierarchical Approximate Convex Decomposition)アルゴリズムによって、凹型シェイプでより優れた衝突を作成できます。Maya のフォースとの統合も可能で、リジット セットのサポートにより拡張性も向上しています。

製品情報へ戻る

Top