Image courtesy of Sohrab Esfehani
Image courtesy of Sohrab Esfehani

Arnold GPU パブリックベータ版を搭載した Arnold 5.3 が登場

Arnold 5.3 には初めて Arnold GPU のベータ版が搭載され、一部の機能ではレンダリングに CPU と GPU のどちらを使用するか選べるようになりました。リアルタイムのルック デベロップメントからインタラクティブ ライティングまで、Arnold GPU ならユーザーのワークフローがスピーディかつパワフルになるため、反復サイクルとレビューにかかる時間を短縮できます。CPU と GPU をシームレスに切り替えてレンダリングでき、柔軟性の高い制作環境を実現。ジャンルや分野を問わず、アーティストやスタジオの作業効率を向上させることができます。Arnold 5.3 には、新バージョンのランダムウォーク SSS モード、アダプティブ サンプリングのパフォーマンスの向上、オペレーターの UX の改良のほか、レンダリング処理を細かくコントロールするための機能強化など、さまざまな新機能が搭載されています。

より詳しい情報は Arnold の製品ページをご覧ください。

Arnold

学生向け無償版を使おう

For Students

学生の方はオートデスク製品を無償でご利用いただけます。
業界標準ソフトを習得して卒業までに一流のスキルを身につけよう!

Media & Entertainment Collection
製品購入に関するお問い合わせ
オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。