2016年2月アーカイブ

フィールドの種類に「URL Template」という項目があります。

このカスタムフィールドの使い方の一例をご紹介します。


管理者が異なるアカウントでページを確認するための機能が実装されました。

次のような状況で役立ちます。

  • - 個人向けの設定を管理者が変わって行う場合
  • - トラブルシューティングの時
  • - パーミッション設定が上手くいっているかを確認するため


Shotgunの日本語学習マテリアルとしてはビデオチュートリアルが既に存在します。
今回、新たにドキュメント形式のShotgun入門チュートリアルを公開致しました。

img06.jpg

チュートリアルに沿って体験サイトにデータを登録していくことで、Shotgunが持つ幅広い機能を効率的に学習出来ます。

データ構造の概念への理解を深め、ページのカスタマイズもマスター出来る内容となっております。
Shotgunを学び始めるには最適のテキストですのでぜひご活用ください。

ドキュメントのダウンロード先はこちら ↓

https://autodesk.box.com/Shotgun-basic-tutorial-pdf


アセットやショットのパイプラインに複数のタスクを登録するケースもあると思います。

例えば、ここではアートのパイプラインにその1、その2が存在します。
この並び順を変更する方法をご紹介します。
img1.jpg