Autodesk Mudbox 2015

Autodesk Mudbox 2015

Autodesk Mudbox 2015

2015 バージョンの新機能

既存のメッシュにシンメトリを適用

対称なメッシュをすばやく作成するには、メッシュの片側を 1 つまたは複数の軸を使用して反対側へコピーします。新しい[対称を作成]オプション([メッシュ] > [対称を作成])を使用すると、モデルのトポロジの中心として使用する軸を定義することもできるため、接線シンメトリを使用してすぐにスカルプトまたはペイントできます。

既存のメッシュにシンメトリを適用

リトポロジ中にシンメトリを適用

ソース メッシュ トポロジ、または指定された軸を使用して、リトポロジの操作から対称の結果を適用することができます。

既存のメッシュにシンメトリを適用

孤立メッシュを含むメッシュをリトポロジ化

一度のリトポロジの操作によって複数の不連続な島を含むメッシュをリトポロジ化できます。 この拡張機能によって、複数の島から各メッシュを分離して 1 つずつリトポロジ化する作業が不要になり、時間を節約できます。

モーションクリップのライブラリ

ポイント間の距離を計測

カリパスツールを使用すると、モデルまたはカーブ上の 2 つのポイント間の正確な距離を計測することができます。

ポイント間の距離を計測

カーブ ポイントを表示

カーブを変更するときは、個々のカーブ ポイントを表示して操作することができます。たとえば、[グラブ カーブ] ブラシを使用して強いねじれを作成するのが難しい場合、カーブ ポイントを表示すると、目的の効果を作り出すのに十分な解像度がカーブにあるかどうかがわかります。

カーブ ポイントを表示

スカルプト レイヤ グループ

スカルプト レイヤにおいてレイヤーグループ機能が可能になりました。
ドラッグ アンド ドロップ によるレイヤー編集ができます。
Maya ブレンドシェイプとの互換性を維持しました。

スカルプト レイヤ グループ

ペイント レイヤ グループ

ペイント レイヤにおいてレイヤーグループ機能が可能になりました。
ドラッグ アンド ドロップ によるレイヤー編集ができます。
出力パス、書き出しファイル名のカスタマイズ。
3ds Max, Mayaへテクスチャーインターオペラビリティの向上。

ペイント レイヤ グループ

Maya との インター オペラビリティ

イメージプレーン インターオペラビリティ

ワン・クリック・ワークフローを使用して、MudboxにMayaのイメージプレーンセットアップを書き出すことができます。
Mayaでセット・アップされた通りに、書き出されたモデルおよびイメージプレーンは正確に共有できます。
イメージプレーンの各種パラメーターも正確にエクスポート。
ワン・クリック・ワークフローを使ってアーティストの方々はMaya上で背景画像を設定し、ベーシックなモデリング作業を行ない、それをそのままの状態でMudboxへ送信することが出来るようになります。

イメージプレーン インターオペラビリティ

ブレンドシェイプ インターオペラビリティ の拡張

Maya と Mudbox 間のブレンドシェイプ インターオペラビリティ 性をさらに向上
マルチ ブレンド シェイプ ターゲット、メッシュ毎のマルチ ブレンドシェイプ ノードの交換が可能

マルチ テクスチャ インターオペラビリティ

ワンクリック ワークフローを使って Maya と Mudbox 間のマルチUVテクスチャーのデータ交換が可能になりました。

マルチ テクスチャ インターオペラビリティ

www.autodesk.comで製品情報(英語)をご覧いただけます。