Autodesk Mudbox 2013

Autodesk Mudbox 2013

Autodesk Mudbox 2013

2013 バージョンの新機能


新しいGigatexel エンジンによる精密なディテール

数十億テクセルもの膨大な量のディテールを作成し、今日の高解像度フォーマットや目の肥えた視聴者の期待に応える、複雑なテクスチャを制作できます。アーティストのハードウェア構成に応じて、可能なディテール量はいくらでも増加できます。極めて高品質かつ写真と見紛うようなリアルな映画用アセットを作成する場合でも、通常品質のグラフィックスカードで数層のレイヤで数枚のテクスチャを作成する場合でも、Gigatexel エンジンは自動的かつ透過的に動作し、アーティストは、これまでより飛躍的に多いピクセルを効率的に処理できます。これにより、3D でのペイントによる品質およびパフォーマンス上のメリットがもたらされます。

多用途のカーブ

スクリーンスペースまたは3D スペースにカーブを描き、それを使用してペイントおよびスカルプトツールセットをさまざまに活用できます。

カスタマイズ可能なワークスペース

ワークスペースをカスタマイズしてカスタムワークスペースを保存、共有する新機能により、ユーザインタフェースを設定して、個別のワークフローおよびパフォーマンスにより柔軟に対応させることができます。

エッジのハードネス、折り目、スムージンググループのサポート

Maya 2013、3ds Max 2013、Softimage 2013 およびその他の特定のコンテンツ作成ソリューションで作成した、特定のエッジのハードネス、折り目、スムージングをコントロールする専用データを含むモデルを読み込み、作業することが可能です。Mudbox 2013 でこのデータを展開して表示できるため、アーティストは、サーフェスに正確なディテールを作成し、ペイントできます。

バンプおよび法線マップのディテールの組み合わせ

ペイントしたバンプマップのディテールと抽出した法線マップのディテールを組み合わせて、接線空間でも単一の法線マップを作成できます。すなわち、スカルプトおよびペイントの両方でレリーフのディテールを作成でき、その結果を組み合わせてゲームエンジンでの使用に適した単一のマップを生成できます。

タイル化したディテールのスカルプトとペイント

タイル化したディテールを簡単にペイントおよびスカルプトして、シームレスな繰り返しのテクスチャとマップを作成し、広範囲なサーフェス領域により効率的に適用できます。切り込みやオーバーハングがある「法線で表現できない」ディテールでさえも、ベクターディスプレイスメントマップ(VDM)としてタイリングおよび抽出できます。サーフェス上に繰り返し適用されるアートワークのライブビューを使用しながら的確に作業できるため、ペイントおよびスカルプトをしながら、より良いクリエイティブな判断を下すことができます。

Photoshop との相互運用性の強化

新しく16 ビットPSD ファイルの読み込みおよび書き出しがサポートされたことで、Adobe Photoshop と完全に統合されたワークフローを活用できます。

モデルの複製と反転

オブジェクトを簡単に複製し、必要に応じて反転してミラー化すれば、モデル上に同じオブジェクトを繰り返し作成する時間を省略できます。たとえば、神殿の柱やキャラクタに履かせるブーツなどに適用できます。また、オブジェクトを自在に反転させることで作業中に視点をリフレッシュできるだけでなく、デザインの潜在的な欠点を発見したり、新しいアイデアを思いついたりすることもできます。

カラーの調整のプリセット

カラーの調整に新しいプリセットが追加され、ペイントレイヤのカラーを簡単に操作または修正できます。これにより、レイヤの反転、写真ソースへの逆のガンマ補正の適用、画像からの輝度値の抽出、その他の特定の作業を行えます。

www.autodesk.co.jpで製品情報をご覧いただけます。