Autodesk Mudbox 2011

Autodesk Mudbox 2011

Autodesk Mudbox 2011

2011 の新機能

デジタル スカルプト、テクスチャ ペイント ソリューション Autodesk Mudbox 2011。


モデルをすばやく簡単に変形してポーズを付け、デザインを変更したり、オブジェクトの陰になった領域にアクセスできます。すばやくジョイントを作成および編集できるツールや Autodesk® Maya® 2011、Autodesk® 3ds Max® 2011、Autodesk® Softimage® 2011 からウェイト付きのスケルトンをインポートできる新しいツールセットが搭載されたことにより、モデラーはデザイン、スカルプティング、ペイント、承認プロセスの一環としてポーズを作成および操作できます。


新しく追加されたイメージ調整ブラシを使用し、既存のペイントや写真ベースのレイヤの任意の部分を選択して編集、操作できます。


Mudbox 2011 とMaya 2011 との間で、モデルやシーン情報をクリック1つで転送できるようになりました。さらに、Autodesk® FBX® 2011 ファイルのエクスポート時に、Mudbox で抽出されたディスプレイスメントマップと法線マップがモデルとの関連付けを保持できます。


Vector Displacement(ベクターディスプレイスメント)と呼ばれる新しい方法で、単純に法線だけでは表すことのできない部分のマップを抽出し、変位を表すことができます。たとえば人間の耳のような、付属物、切り込み、しわ、膨らみなどのある複雑な形状に使用できます。


Vector PSD ファイル形式で複数のレイヤをインポート/ エクスポートできるため、より要求の高いシーンやプロジェクトではAdobe Photoshop のツールセットを利用できます。


www.autodesk.co.jpで製品情報をご覧いただけます。