Autodesk MotionBuilder 2015

Autodesk MotionBuilder 2015

Autodesk MotionBuilder 2015

2015 バージョンの新機能

Kinect を用いた簡易モーションキャプチャ

柔軟な新しいプラグインにより、アーティストは一般によく使われているコンシューマ モーション キャプチャ デバイス Microsoft® Kinect® を使用して、簡単にボディ パフォーマンスをキャプチャし、それらを使用して MotionBuilder のキャラクタを動かすことができます。Kinect は現在、Windows® オペレーション システムに対応しています。MotionBuilder インタフェースを使用して、他にも同様の特定のデバイスのサポートを追加できます。

モーションクリップのライブラリ

MotionBuilder 2015 には、Autodesk® FBX® アセット交換フォーマットの便利な 100 個のアニメーションが含まれています。アーティストはそれらを組み合わせたり、ブレンドしたり、重ねたりして、シーンのブロッキングやプリビズを短時間で行えます。または開始点として使用し、そこから微調整することもできます。動作はシナリオでよく出てくるものに対応するように選択されており、歩く、走る、ジャンプする、這う、落ちる、格闘する、待機状態といったカテゴリに加え、家具や武器が関係する動作も含まれます。

モーションクリップのライブラリ

より柔軟なマーカーの割り当て

マーカーを割り当てた後でも、アーティストはキャラクタの位置をマーカー クラウド内で調整できるようになりました。オリジナル アクターとは異なるプロポーションの CG キャラクタなどにも、キャプチャしたデータをより柔軟にマップできます。

シェルフのサポート

Mayaのシェルフと同じものがサポートされました。 XML編集によるカスタマイズも可能です。

シェルフのサポート

Dynamic Lighting & Shadow

リッチな影を表現するための新しいシェーダをサポート。

Dynamic Lighting & Shadow

新しい先進的なカメラ オプション

2 つの新しいカメラ機能により、MotionBuilder で実世界の映画撮影の要素をより簡単に再現できるようになり、監督の作品の意図を維持することに役立ちます。アニメーション可能な Depth of Field は、実際のカメラでの絞りの変更を模倣するのに役立ち、ビュー内の焦点の合っているオブジェクトの範囲に影響を与えます。Follow Focus オプションを使うと、カメラの焦点をシーン内の特定のオブジェクトに固定でき、カメラとの距離が変わっても焦点を合わせたままにできます。

容易になった MotionBuilder、Softimage、Maya 間の CrowdFX ワークフロー

MotionBuilder で作成した、アニメーション、スケルトン、エンベロープで構成されるキャラクタ アニメーションを、ワンステップで Softimage にインポートできるようになったため、強力な CrowdFX 群集シミュレーション機能でこれらを簡単に使えます。さらに、CrowdFX シミュレーションをワンクリックで Softimage から Maya にエクスポートして他のシーン要素に組み入れることができるため、アプリケーション間のワークフローがよりスムーズになります。

API 関連のアップデート

・QT 4.8.5 (前バージョン QT 4.8.2.)
・PySide 1.2 (前バージョン PySide 1.1)
・PyOpenGL のサポート
http://pyopengl.sourceforge.net/

www.autodesk.co.jpで製品情報をご覧いただけます。