Autodesk Maya LT 2016 Extension

Autodesk Maya LT 2016 Extension

Autodesk Maya LT 2016 Extension

Maya LT 2016 Extension 1、2、3 の新機能

モデリング

LOD 生成を自動化

Extension 2 で使用可能
新しいツールにより、3D アーティストは、3D ゲーム アセットの詳細レベル(LOD)データを容易に作成および転送できます。 各 LOD のメッシュ削減のパーセンテージを定義し、エンジン内で使用できるメッシュを削減して作成できるようになりました。

LOD 生成を自動化

モデリングツールと UV ツールの改善点

Extension 3 で使用可能
複数のリリースにわたって行われている Maya LT のモデリング ツールと機能の向上は、このリリースでも継続しています。 ツール、機能、効率が改善され、モデラーの日常のワークフローが大幅に強化されています。

モデリングツールと UV ツールの改善点

アニメーション

スキン ウェイト マップの書き出し/読み込み

Extension 2 で使用可能
キャラクタのスキン デフォメーションにおけるスキン ウェイト マップの作成や調整を、アーティストはさらに柔軟に行うことができます。 スキン ウェイト マップを再度読み込むことで、完全に新しいマップを作成しなくても、モデルのトポロジに変更を加えることができます。

スキン ウェイト マップの書き出し/読み込み

改善されたアニメーション ツール

Extension 1 で使用可能
更新されたアニメーション レイヤ エディタ、スプライン IK、クラスタ デフォメーション ツールをご利用ください。 アニメーション ツールにスプライン IK とクラスタ デフォメーションが追加されました。これで、さらに多様かつ複雑なキャラクタ アニメーションが実現します。 ゲーム エクスポータ ツールの更新により、1 つまたは複数のファイルに含まれている複数のアニメ ーション クリップの管理と書き出しが簡単になりました。

改善されたアニメーション ツール

HumanIK ロール ボーン

Extension 3 で使用可能
Maya LT の HumanIK アニメーション システムが、リムごとに 5 つのロール ボーンをサポートするようになりました。これにより、リムが自身の軸上で回転したときに発生する可能性のある「キャンディの包み紙」効果を回避しやすくなります。 ユーザ インタフェース内にロール ボーンが表示されるようになったため、HumanIK アニメーション システムがさらに簡単に使用できるようになりました。

テキストとシェイプ マップ

クイック リグ ツール

Extension 3 で使用可能
クイック リグ ツールを使用して二足歩行のキャラクタのジオメトリ内に HumanIK(英語)リグを生成・配置することにより、初めてアニメーションを制作するユーザでもキャラクタ リグを簡単に作成できます。 ユーザは、リグの配置精度を向上させるガイド マーカーを配置できます。このツールにより、モデルに基本的なスキニングを適用することもできます。

ライティング、マテリアル、テクスチャ ベイク処理

テクスチャのベイク処理のワークフローの改善

Extension 1 で使用可能
物理ベースのエリア ライトがサポートされるようになり、Turtle によるテクスチャのベイク処理ワークフローのための高品質なライトとシャドウを提供します。 ファイル テクスチャ ノードがイメージ シーケンスをサポートするようになったため、アーティストはプリレンダリングされたゲームのエフェクトを表示したり、イメージ プレーンにアニメートされたイメージ シーケンスを使用してアニメーションのロトスコープを行うことができます。

テクスチャのベイク処理のワークフローの改善

改善された Turtle ベイク処理ツール

Extension 2 で使用可能
アーティストがより優れた、より複雑なベイク処理結果を生成することができるよう、Maya LT ではより多くの Turtle 機能を提供するようになりました。 既定のベイク処理のプリセットもさらに調整されており、テクスチャのベイク処理にあまりなじみのない アーティストでもよりよい結果が得られます。

改善された Turtle ベイク処理ツール

モバイル ゲームのワークフロー

Creative Market との統合

Extension 2 で使用可能
ユーザは、Creative Market(英語) の 3D コンテンツを直接 Maya LT から検索、参照、および購入することができます。 ゲーム開発者(英語)は Creative Market を自作のコンテンツを販売する場として利用することもできます。

アセット ライブラリ

注: Extension 1、2、3 の機能は、Maya LT 2016 ソフトウェアの Extension リリースの一部として提供されます。現在のサブスクリプションメンバーのお客様のみにご利用いただける機能です。

Autodesk Maya LT

*上記価格は年間契約の場合の1ヶ月あたりのオートデスク希望小売価格(税込)です(ベーシックサポートでの契約、一括お支払いの場合)。

Top