プロダクト Product

オートデスク メディア&エンターテインメント製品
無償体験版のダウンロード/インストール ガイド

Posted: 2017.04.21

初めてオートデスク製品の体験版をダウンロード/インストールをする方を対象として、その方法をご紹介します。
Autodesk Maya 2017を元に作成しておりますが、基本的には他の製品でも手順は同じですのでご参照ください。

無償体験版ダウンロードについて
3DCGソフトウェアであるAutodesk Maya、Autodesk 3ds Maxなどのオートデスク メディア&エンターテインメント製品が無償で30日間利用できます。
オートデスク メディア&エンターテインメント製品の無償体験版一覧

学生・教育機関向け無償版ダウンロードについて
学生・教育機関の方は通常の無償体験版ではなく、学生向けの無償版を提供しております。
アカウントの登録画面やダウンロードページが異なりますので、下記より手続きを進めてください。
オートデスク メディア&エンターテインメント製品 学生・教育機関向け 無償版一覧
学生・教育機関向け 無償版ダウンロード方法

1. Autodesk Accountの作成とサインイン

今回は「Autodesk Maya 2017」の体験版をインストールしますので、Mayaの無償体験版ダウンロードサイトへ進みます。

Maya 無償体験版ダウンロードサイト

インストールの環境について
今回、使用するOSのバージョンはWindows 10 Proです。他、Maya 2017はWindows 7(SP1)、Mac OS 10.10.5 / 10.11.x、Linuxなどでも利用可能です。Maya 2017の動作環境ついては、下記サイトよりご確認ください。

Autodesk Maya 2017 の動作環境

ダウンロードをするには、Autodesk Accountが必要です。
アカウントをお持ちでない方は「アカウントの作成」へ進みます。
すでにアカウントをお持ちの方は「サインイン」へ進んでください。

A. アカウントの作成(アカウントをお持ちでない方)

「名」「姓」「電子メール」「電子メール(確認用)」「パスワード」を入力してください。
「A360(※1) サービス使用条件およびAutodesk プライバシー ステートメントに同意します。」にチェックをいれて「アカウントを作成」ボタンを押します。

※1:A360 は、デザイナーや設計者が 2D および 3D 設計とプロジェクト ファイルを統合ワークスペース内で表示、共有、レビュー、検索するのに役立つコラボレーション ツール(クラウドサービス)です。オフィスにいても、現場にいても、プロジェクト、ファイル、チーム内の情報を最新の状態に保つことができます。

オートデスクからのメールをご希望の方は、「オートデスクからの電子メールを受け取ります」にチェックを入れてください。製品に関するお知らせや役立つ情報をお送りしております。

「完了」ボタンを押せばアカウントの作成は完了です。

「2. Maya 2017のダウンロード」へ進んでください。

B. サインイン(すでにアカウントをお持ちの方)

「サインイン」ボタンを押したあと、「電子メール」または「ユーザー名」を入力し「次へ」ボタンを押します。

パスワードを入力して「サインイン」します。「サインインを保持」にチェックを入れておくと、ブラウザを閉じても、Autodesk サイトでログインをした状態を保持することができます。

パスワードを忘れた場合

2. Maya 2017のダウンロード

サインインをした状態で、Maya 2017の体験版ダウンロードのページへ戻ります。
サインイン前に「アカウントの作成」「サインイン」ボタンがあったところに、「ダウンロードを開始」ボタンが表示されています。

使用する言語を選択し、「ダウンロードを開始」ボタンを押しましょう。

「体験版の利用規約」が表示されます。内容を確認の上、「使用許諾およびサービス契約の条件に同意します。」にチェックを入れてください。「続行」ボタンの色が水色に代わります。

「オートデスクが製品の役立つ情報やマーケティング上のお知らせを配信することを希望しません。このチェックボックスをオンにすると、体験版の学習コンテンツも配信されません。」にチェックを入れると、学習コンテンツやオートデスクからのお知らせが届かなくなります。
続行」ボタンを押すとダウンロードがスタートします。

「Autodesk_Maya_2017_wi_ja-JP_Setup_webinstall.exe」という名前のファイルがダウンロードされます。 ダウンロードが完了したらファイルを開いてください。

インストールが開始されます。
「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」という画面が表示されます。「はい」を押してください。

Mayaのセットアップが開始されます。

Windowsの設定によってはファイアウォールが機能し、インストールで使用するMayaの機能がブロックされます。
インストールを続けるためには、Akamai NetSession Clientに、ネットワーク上での通信を許可していただく必要があります。

「プライベートネットワーク(ホームネットワーウや社内ネットワークなど)」にチェックを入れて「アクセスを許可する」ボタンを押してください。

インストール画面に進みます。
「ツールとユーティリティのインストール」と「インストール」の2つのメニューを選べます。
Maya 本体をインストールするには、右側の「インストール」を押してください。

(Maya本体の)インストール

製品本体のインストールを行います。

「使用許諾およびサービス契約」をご確認の上、「同意する」にチェックを入れて「次へ」を押してください。

インストール先を選んで「インストール」ボタンを押してください。
インストール先は初期設定のままで問題ありません。

Maya 本体は約6 GBと非常に大きなファイルです。十分にインストール先のハードディスクの容量を空けてインストールをしてください。

インストールが開始されました。インターネット環境の速度によりますが、大きなファイルをダウンロードしますので、数10分から1時間強ほど時間がかかります。 ファイルをAutodeskサーバからダウンロードをしながらインストールを進めていますので、途中でネットワークが切れないよう注意しながら終了するのを待ちます。

インストールが終了すると上記の画面が表示されます。
Maya 2017のほか、2017から追加されたArnold のほか、ソフトウェアのアップデートの管理をするAutodesk Desktop Appが同時にインストールされます。

※ ツールとユーティリティのインストール

オートデスク製品のネットワーク ライセンスを所有している場合、ユーザーが製品を使用できるようにするには、この「ツールとユーティリティ」より「Network License Manager(ネットワーク ライセンス管理)」をインストールする必要があります。
「ツールとユーティリティ」もインストールの手順は、製品本体と同じとなります。

3. アプリケーションの起動

いよいよMaya を起動しましょう。スタートメニュー、もしくはデスクトップに自動で追加されたショートカットから「Autodesk Maya 2017」を選択します。

初回起動時にはサインインが必要になります。

体験版ダウンロードの際に入力をしたメールアドレス(もしくはユーザー名)とパスワードを入力し、「サインイン」を押します。

ついに、Maya 2017が起動しました!これで30日間Mayaを試すことができます。

オススメのコンテンツ

最後に、Maya 2017無償体験版をダウンロードした方へ、オススメのコンテンツをご紹介します。

Maya Learning Channel(日本語版)

Maya Learning Channel(日本語版)

Maya Learning Channelは3Dを触ったことがないけれど、3DCGソフトで何か作ってみたい!という皆様の要望に応え制作されたチュートリアルビデオです。ユーザーインターフェイスから始まり、モデリング・UVとテクスチャリング、そしてキャラクターをアニメーションさせるまで Maya の使い方を丁寧に解説していきます。
ビデオを見ながらMayaの世界に触れてみてください。

パスワードを忘れた場合

入力欄の右上にある「お忘れですか?」のリンクを押します。

アカウントを作成する際に登録をしたメールアドレスにパスワードの再設定の案内が届きます。メールを受信して、「パスワードをリセット」ボタン押します。

新しいパスワードを入力し、「パスワードをリセット」ボタンを押します。

以上でパスワードの変更は完了です。 「続行」を押します。

これでパスワードが変更されました。