製造・プロダクト業界

製品設計やプロダクトデザインの「品質向上と開発期間の短縮」を
実現する3DCG

製品設計やプロダクトデザインの現場では、より正確な判断、より効率的な開発が求められています。 CADを利用し、Autodesk® Showcase® で製品設計を行えば、リアルタイムにCADから製品の完成イメージを確認できます。これは、モックアップ(模型)の制作日数と比較すると、大幅な期間短縮になります。またデザイン検討時に3DCGを利用すると、色や質感をボタン1つで手軽に変えられるため、より効率的に検討作業ができます。

◎商品企画・プロダクトデザインで活用されます。
イメージ画像1
3次元の製造用CAD データを利用して、ビジュアルを制作すれば、モックアップの代わりに市場調査/デザイン検討に活用することができます。

更に、3DCG データは、営業・宣伝活動に流用可能です。多様化する消費者ニーズと、それに伴う商品ライフサイクルの短縮化に対応するため、製品特徴をよりよく伝えることと、製品を魅力的に見せるビジュアルが重要になります。

3DCG は、CAD データを基に早期に制作が開始できるため、営業・宣伝活動をいち早く行うことができます。また1 つの製品データをマルチメディアに展開することが得意なため、商品発表会、カタログ、ポスター、雑誌、新聞、イベント用ムービー、店頭プロモーション、Web、CM などで利用されています。同時にデータの流用は総合的なコスト削減も可能にします。

◎営業・宣伝活動で活用されます。
イメージ画像2

製造・プロダクト分野でのビジュアライゼーションの具体的な「活用事例」や「メリット」をご紹介します。
コンセプトを伝えるプレゼンテーション
 

コンセプトを伝えるプレゼンテーション

リアルな製品イメージ画像やコンセプトが伝わるイメージムービーを作成できれば、企画者の意図を相手に的確に伝えることができます。伝えたい商品コンセプトを動画・静止画で表現すれば、企画の意図が伝わりやすくなり、意思決定の効率も高まります。
詳細はこちら
プロダクトデザインの質と効率を高める
 

プロダクトデザインの質と効率を高める

モックアップの代わりにフォトリアルな3D画像でデザインを確認。複数の製品デザイン、質感、色のバリエーションを効率的にシミュレーションして、開発効率を高めます。これまで実現できなかった高精度なデザイン検討を可能にします。
詳細はこちら
©Copyright 2011 Autodesk, Inc. All rights reserved.