建築業界

建築のワークフローの効率化をするソリューション

コンペや施工段階でのシミュレーションに始まり、広告販促物にまで活用される3DCG。
設計コンセプトの検討、伝わるプレゼンテーション、効果的なプロモーションなど、建築分野におけるビジュアライゼーションの活用のフィールドは拡大を続けています。

3DCG データを活用することで、設計・デザイン段階では、プロジェクト関係者へ具体的なイ メージをすぐ提案することができ、より早い意志決定を可能にします。また広告販促段階では、住宅の購入者へ具体的なイメージや機能、周辺環境などを伝え、購買を促します。

Autodesk® 3DCG ソリューションが持つ多様な機能、CAD 系ソリューションとの連携が建築のワークフローを効率化し、コストの低減、検証期間の短縮を実現します。

◎設計士、インテリアデザイナーが行うデザイン検討/クライアントへ提案などで活用されます。
イメージ画像1

◎広告/パンフレット/ Web / CM など販促物制作で活用されます。

イメージ画像2

建築ビジュアライゼーションの「メリット・詳細」「成功事例」についてご紹介します。
設計業務フローにおけるビジュアライゼーションの活用
 

設計業務フローにおける
ビジュアライゼーションの活用

3次元CADの普及により3DCGが活用されるシーンが増えてきています。 設計自体のワークフローを効率化し、プロジェクト関係者へ具体的なイメージを提案することでより早い意思決定を可能にします。
詳細はこちら
コンセプトを伝えるビジュアライゼーション
 

コンセプトを伝える
ビジュアライゼーション

プロジェクト初期段階で重要なコンセプトは抽象的な言葉やイラストなど、あいまいな状態が一般的です。これらを3DCGを使用してリアルに表現することで実証をPC上で行い、ビジネスの幅を広げることができます。
詳細はこちら
アニメーションが可能にするコミュニケーション
 

アニメーションが可能にする
コミュニケーション

イメージの共有化やプレゼンテーションの際に、アニメーションを活用することで静止画で表現しきれないコンセプトや機能を具体的に伝えることができます。
詳細はこちら
目的とコンセプトから導く建築ビジュアライゼーションの世界
 

目的とコンセプトから導く
建築ビジュアライゼーションの世界

建築ビジュアライゼーションの最も重要な役割は、目に見える形でデザインプロセスを円滑に進め、建物の竣工までに関わるすべての人間の合意形成を得ることです。この建築フェーズを切り口に、利用目的によっての建築CGの表現方法を紹介します。
詳細はこちら
©Copyright 2011 Autodesk, Inc. All rights reserved.