VFXの話をしよう

トレンド&テクノロジー
VFXの話をしよう

VFXプロデューサー/スーパーバイザーとして多くの作品に携わっている浅野 秀二氏によるビジュアル・エフェクツを語るコラム。

  • 映画・テレビ
浅野 秀二

浅野 秀二

株式会社IMAGICA VFXプロデューサー/スーパーバイザー

1959年8月30日新潟県生まれ。立教大学卒業後、1983年に国内ではまだ希少な存在であったCG制作会社トーヨーリンクス(現イマジカCS部)に入社しCG制作に携わるようになる。博覧会やアトラクション、CMのCGの制作を経て、97年以降、映画のVFXを手がけ始める。VFXプロデューサー/スーパーバイザーとしての主な作品としては、『ドラゴンヘッド』(02/飯田譲治監督)、『ジョゼと虎と魚たち』(02/犬童一心監督)、『アカルイミライ』(03/黒沢清監督)、『交渉人 真下正義』(05/本広克行監督)、『SHINOBI』(05/下山天監督)、『どろろ』(07/塩田明彦監督)、『SAD VACATION』(07/青山真治監督)、『僕の彼女はサイボーグ』(08/郭在容監督)、『カムイ外伝』(09/崔洋一監督)、『東京島』(10/篠原誠監督)などがある。

Top