3DCG の夜明け 〜日本のフル CG アニメの未来を探る〜

トレンド&テクノロジー
3DCG の夜明け 〜日本のフル CG アニメの未来を探る〜

日本におけるフル 3DCG アニメーション制作の未来を探るため、各界の専門家に話を伺う連載コラム。日本のアニメーション業界を築いてきた著名人の貴重な歩みや今後の展望、3DCGに対する考え方をご覧ください。

  • 映画・テレビ
野口 光一

野口 光一

東映アニメーション 映像企画部 プロデューサー

1965年生まれ、岐阜県出身。1989年リンクス(現イマジカ)、1993年TOPIX(カナダ・トロント)に在籍。1995年からBOSS FILM STUDIOS(米・ロサンゼルス)でリチャード・エドランドに師事し『スピーシーズ』(1995)、『ウォーターワールド』(1995)、『エアフォース・ワン』(1997)のVFX制作を担当。その後、東映アニメーションのVFXスーパーバイザーとして『男たちの大和/YAMATO』(2005)、『デジモンセーバーズ』(2006)、『ハッピーフライト』(2008)、『坂の上の雲(第1部)』(2009)、『はやぶさ 遥かなる帰還』(2012)、『甲殻不動戦記ロボサン』(2014/10)に参加。『楽園追放』(2014)では、プロデューサーを務める。 現在CGアニメーション『正解するカド』を制作中。日本映像学会•日本アニメーション学会•VES会員。

Top