『 AREA JAPANウェブサイト モニタリング 調査 』実施中アンケートにご協力いただいた方全員に、Amazonギフト券(500円分)をプレゼント!
  • Home
  • >
  • ユーザ事例
  • >
  • 映画・テレビ
  • >
  • 株式会社カラー ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 3ds Max のパワーが可能にした無数のトライアル&エラーから生まれたまったく新しいエヴァンゲリオンの世界

株式会社カラー 
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 
3ds Max のパワーが可能にした無数のトライアル&エラーから生まれたまったく新しいエヴァンゲリオンの世界

株式会社カラー ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 3ds Max のパワーが可能にした無数のトライアル&エラーから生まれたまったく新しいエヴァンゲリオンの世界

2010.08.21

  • 3ds Max
  • 映画・TV
eva_00.jpg
©カラー

質の高い作画スタッフの数は限られています。したがって、作画で対応できる限界も最初からあるていど読めてしまうんですね。しかし、CG の方はまだまだ"ノビシロ"がたくさんある。作画の蓄積に比べると、CG の表現はまだまだ未成熟なんです。庵野総監督も「次はどうするか」―― CG の使い方に関するステップアップを意識していたようで、新しい表現など、パートごとに新たな課題を課してくれました。私たちは 3ds Max で繰返しトライアル&エラーしながら、その課題に 1 つ 1 つ応えていったのです。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」
CGI 監督
鬼塚大輔 氏

作画の魅力を最大限生かすため CG が 2 倍に

鬼塚大輔 氏
株式会社カラー
CGI 監督
鬼塚大輔

「エヴァ」の勢いが止まらない――興行収入 20 億円のヒット作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」(2007年)の後を受け、今年 6 月に公開された「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」は、17 日間で前作の興行記録を突破。10 月上旬時点で興行収入 38 億円を超え、前作の記録を塗替える大ヒットとなった。この新シリーズは 4 部作が予定されており(公開は 3 回を予定)、前作「序」は TV 版の序盤 6 話をベースにしていた。だが「破」は違う。新しい登場人物に新しいエヴァンゲリオン、使徒も登場し、TV 版とは異なるストーリィが展開されるのだ。

「序・破・Q(急)......と続く流れの中で"破"では TV 版と付かず離れずだった物語が大きく舵を切り、新しいエヴァの世界へ向います」。前作に続き CGI 監督を務めた鬼塚大輔氏は語る。いわば「破」は新シリーズのターニングポイントなのだ。同時にそれは、CG 制作スタッフに、より高度な表現と品質、ボリュームを要求する挑戦的な作品でもあった。

小林浩康 氏
CGI 監督
小林浩康

「ツールは前作と同じ Autodesk 3ds Max で制作期間もほぼ同じ。ですが、CG カットのボリュームは 2 倍に増えました。しかも前回は背景主体でしたが今回はエヴァや使徒も CG の利用が拡大し、本番用カットが増えてより多彩な表現と品質が求められたのです。3ds Max でなければ対応は難しかったかも知れません」。そう語るのは、鬼塚氏と共に CGI 監督を引き受けた小林浩康氏だ。

「エヴァンゲリオンは作画が基本の作品ですが、その作画の魅力を最大限生かしたいからこそ CG パートが増えたのです」。高度な要求に応えられる優れた作画スタッフは数が限られ、期間内に作れるカット数にも限界がある。ならばそれはクライマックスに集中すべきだ――そんな判断から、レベルの高い作画スタッフはラストバトルに集中され、CG パートが増えたのである。

「手間がかかる、地味に大変なモノは基本 CG。モブシーンはほとんど CG です。作画と比較した上で、内容や動画精度の面から CG が選ばれたケースも多いですね」。それはまさに CG の表現力が前作から大きく向上したことの証明だが、それゆえに、鬼塚氏、小林氏ら CG 制作部隊と 3ds Max は、さらに大きな課題を次々と与えられることになったのである。