• Home
  • >
  • ユーザ事例
  • >
  • 導入事例
  • >
  • ポリゴン・ピクチュアズが創る最先端のアニメ制作ワークフロー。選んだのはSHOTGUN!

ポリゴン・ピクチュアズが創る最先端のアニメ制作ワークフロー。選んだのはSHOTGUN!

株式会社ポリゴン・ピクチュアズ

ポリゴン・ピクチュアズが創る最先端のアニメ制作ワークフロー。選んだのはSHOTGUN!

2017.01.18

  • Shotgun
  • おすすめ
  • アニメ
  • 映画・TV

SELECK [セレック]に、SHOTGUNのユーザ事例として株式会社ポリゴン・ピクチュアズ社の記事が掲載されました。

ポリゴン・ピクチュアズが創る最先端のアニメ制作ワークフロー。選んだのはSHOTGUN!

〜アニメーション制作会社の中でも、洗練された制作ワークフローを構築するポリゴン・ピクチュアズ。プロジェクト管理ツール「SHOTGUN」を活用した、そのワークフローの全貌を公開〜

「シドニアの騎士」「亜人」などを代表作にもち、先端的なエンタテインメント映像の製作を手がけるデジタルアニメーションスタジオ、株式会社ポリゴン・ピクチュアズ。作品そのもののクオリティだけでなく、それを制作するワークフローの完成度も、最先端に位置している。

そんな同社も、以前はいくつものスケジュールとステータスがGoogleスプレッドシートで管理され、情報の整合性に悩まされていた。

そこで、自社開発のレビューツールやデータ管理ツールで構成されたワークフローに、Autodesk製のプロジェクト管理ツール「SHOTGUN(ショットガン)」を組み込み、データの一元管理に乗り出した。

続きは SELECK [セレック] にてご覧ください。