建築・製造・広告 Architecture & Manufacturing & Advertisement
Image courtesy of Yanis Lachat
Image courtesy of Yanis Lachat

建築・製造・広告

text by 長尾 健作
Posted: 2017.04.21

建築・製造・広告業界でのCG制作とは?

これまでは、できあがった建物や製品を撮影していましたが、いまでは、設計データからCGを使って、現物を作る前にビジュアル化することが増えています。
建築業界、製造業界、広告業界など、物作りやビジュアル作りの現場でCGが活躍しています。

なぜCGが使われているのか?
それは、建物を建てる前に、車や家電を製造する前に、色々なデザインを検討でき、品質と効率を上げることが出来るからです。
そして、マンションが建ったり、車が発売されれば、広告が必要になります。そこでもCGを使うことで、より早く広告ビジュアルが制作できるので、販売が有利になるというわけです。

現在、ほとんどの建物や製品は、コンピューターを使って設計されていて、CADというソフトを使用しています。CADで作られたデータは、CGで再利用しやすく、製品と全く同じ3D形状をモデリングせずに手に入れることが出来ます。
このような理由から、CADの普及により、CGの活用も増えてきました。

CGの普及に伴い、クリエイターが活躍する場も増えています。
CGが好きなだけでなく、建築、車、家電、広告が好き、という方にとって魅力的な仕事になっています。

業界ごとに具体的な制作工程と、職種について、ご紹介します。

長尾 健作

長尾 健作

株式会社パーチ

大手制作会社での、デジタル化の推進、ビジュアライゼーション事業の起ち上げを担当。ビジュアライゼーション事業の起ち上げでは、営業戦略立案、人材戦略立案/組織作り/人材教育、サービス開発、技術開発、設備計画の立案など事業起ち上げに必要な全て行程の責任者として参画。独立後はビジュアライゼーション事業を起ち上げる、または拡大をされる企業様のサポートを行うコンサルティングサービスを提供。また、これまで経験から問題が起りやすい点や必要となる教育内容を解決するセミナーや、ツールを開発しています。

学生の皆様へ

For Students

メディア&エンターテインメント業界への挑戦を考えている学生やこれからCGを始めたいという方のために、基礎となる情報をまとめたページをご用意しました。
たくさんの職種や、必要なスキル、豊富なチュートリアルなど、役に立つ情報が満載!

今すぐ3DCGを始めよう!

Get Started!

Autodesk のソフトウェアは30日間無償で使うことができます。
まずはダウンロードをして3DCGを気軽に始めてみましょう。

Media & Entertainment Collection